小社では、コンバーティング(Converting)を、「プラスチックフィルム・シート、金属箔、紙・板紙、不織布、繊維、鋼板、ガラスなどの比較的薄い基材に、コーティング、ラミネーティング、プリンティング等の新たなプロセスを経て、新たな価値を生み出す行為の総称」 と定義しています。
 コンバーティングは、コーティング、ラミネーティング、プリンティング、スリッティングなど、多彩な要素技術を組み合わせた「集積技術」と 言えます。その成果は、パッケージング、農業・園芸、建築・土木、情報・通信、電力、交通・運輸、医療・ヘルスケア、セキュリティ、環境、防災などの幅広 いフィールドで、現代社会が生み出す種々雑多なニーズを充足するために活用されています。さらには、バイオ・テクノロジー、ナノ・テクノロジーなどの近未 来の分野にもその可能性を広げ、ますます注目度が高まっています。

gyoukai

拡大表示する

日本印刷産業連合会の検索サイト

お知らせ

 08月09コンバーテック8月号(本文32頁)掲載のウイル・コーポレーション/日本HPの記事で、タイトルに一部誤りがありました【訂正PDFはこちら】