0209

月刊コンバーテック 2002年9月号
通巻354号
本文124頁
特集:コーティング・テクノロジー

編集の視線

★中国コンバーティング市場を探る

 中国視察レポート(2):上海慶豊彩印有限公司

 中国フレキシブルパッケージ市場を探る(2):上海運城制版有限公司

 中国上海国際印刷包装工業展覧会レポート

★ハセ・プロ:薄手シートで携帯電話をドレスアップ。バンダイのキャラクター製品でも採用

★小久保製氷冷蔵:チャック袋入りになった「ロックアイス」。PETボトルなど個人ユースも続々登場

★大塚製薬、伊藤園:200mLの超小型も登場した小型PETボトル。夏は水筒、冬は急須+湯飲み代わりで大活躍

★平和紙業:「もしも」の発想から生まれた生分解する合成紙、光触媒の消臭紙

★中本パックス:日本、中国、米国を連動市場と捉え、全天候型コンバーターを目指す

★トーホー加工:水溶性表刷り、ラミ工程での脱有機溶剤化がテーマ。環境対応型コンバーティング技術の確立に向けて

★ナベプロセス:グラビア製版の自動化、無人化を追求したサテライトヒル。ギアレス印刷機でフレキソ印刷市場の呼び水役も果たす

★大和グラビヤ・スマート事業部:ラベル貼付規格袋、プレマーケティング袋市場を取り込む。"極小ロット"のフィルム・袋物に特化

★東洋メタライジング:タテ手切れ性付与したハイバリアアルミ蒸着フィルム。バリア性を付与しつつ軽量化にも貢献

★ダイセル化学工業:防湿セロハン代替材の最有力候補、スティック包装用フィルム「セシネSET7200」

★2002東京国際包装展プレビュー:イーストマンケミカルジャパン、いけうち、出光ユニテック、エル・ケー、奥野技術研究所、コーパックインター ナショナル、コーンズ・アンド・カンパニー、シーレックス、昭和高分子、昭和パックス、大和グラビヤ、田中孝商店、タマポリ、司化成工業、帝国インキ製 造、ニッカ電測、日新電子工業、日本シイベルヘグナー、日本マタイ、ノードソン、萩原工業、日立ハイテクノロジーズ、三井・デュポン ポリケミカル、三菱ガス化学、明和ゴム工業、山文電気、リンテック

★凸版印刷:故宮博物院と共同で「故宮バーチャルリアリティ」開発・制作本格化。監修者には篠田正浩氏を

特集:包材2002

◆最近の医薬品包装表示の話題・PTPシートの薬効表示、2次元コード表示

 藤沢薬品工業(株) 園田 努

◆interpack 2002に見る包装材料の開発動向

 (株)東洋紡パッケージング・プラン・サービス 村内 一夫

◆エバールフィルムの利用分野と今後の展開

 (株)クラレ 河村 修吉

◆EVOH系多層フィルムのハイバリア化技術

 王子製紙(株) 河向 隆

◆シュリンクフィルム用コポリエステル「エンブレイス」

 イーストマン ケミカル ジャパン(株) 村上 良二

◆ポリ乳酸系フィルム・シートの包装分野への用途展開

 三菱樹脂(株) 猪股 勲

◆生分解性グラビアインキ「バイオテックカラー」

 大日精化工業(株) 塚田 昌、酒井 繁一

◆イージーピールフィルムの設計と特性・紙容器用ピーラブルフィルムの開発

 東レ合成フイルム(株) 松浦 洋一

◆手切れ性OPPフィルム「サン・トックス-OP DP30」

 サン・トックス(株) 大寺 俊也

◆耐熱LLDPE系レトルトシーラントフィルム「ショウレックスリニアー:LR124」

 昭和電工プラスチックプロダクツ(株) 蔭山 陽平、中村 学

◆乾燥工程の時間短縮・省スペース化に最適な除水機「スイパー」

連載

◆コンバーターの品質保証・社会保障-法規・国際規格・自主基準等に学ぶ- 第十三回:FDA規格基準(1)

 ニットーパック(株) 大須賀 弘

◆パテントから探る包装材料開発動向(40)

 合成樹脂フィルムと紙との複合容器(その1)

  吉井 詢二

寄稿

◆医療用粘着テープ

 スリーエム ヘルスケア(株) 松野 明

◆N.I.R.A.社製残留溶剤自動分析装置「NEPTUNE801」

 丸紅(株) 松角 大介

◆文星閣:DICの完全UV硬化型インキで、短納期に挑戦

◆萩原工業:軟包材印刷コンバーター特化モデルの新型スリッターを開発

コンバーティング製品・技術コーナー

●トック・エンジニアリング ●シンク・ラボラトリー ●SKケミカル

日本印刷産業連合会の検索サイト