日立化成(株)は、世界で初めて自動車外装部品に適用できる樹脂射出発泡成形技術(以下、本外装発泡技術)を開発し、日産自動車(株)で2016年8月に発売した新型「SERENA」のサイドドアの下部に取り付ける樹脂部品(サイドシルプロテクター(*1))として採用されているが、このたび、(株)SUBARUが今年5月に発売した新型SUV「SUBARU XV」のフロント・リアフェンダー、サイドドアの下部に取り付ける樹脂部品(サイドガーニッシュ(*1))としての採用が決定したことを明らかにした。
 自動車業界では、以前より燃費向上の方法の1つとして、車両の軽量化が求められており、軽さに優れ、一定の剛性を備える樹脂部品が金属の代替品として採用されてきた。しかし、米国や欧州等の環境規制による燃費向上の要求値は、年々高くなっており、樹脂部品のさらなる軽量化が求められている。軽量化の手段には樹脂部品の厚みを薄くする方法(薄肉化)があるが、体積が小さくなるため剛性が損なわれるデメリットがある。このため、薄肉化した樹脂部品の内部をスポンジ状に発泡させることで体積を大きくし、剛性を保つ樹脂射出発泡成形技術が開発され、内装部品に採用されているが、この技術では、自動車メーカーが外装部品に要求する外観品質(*2)を保つことができなかった。
 そこで日立化成は、既存の樹脂射出発泡成形技術に長年培ってきた独自の材料設計技術、金型設計技術、成形技術を加えることで、外装部品に要求される剛性および外観品質維持のニーズを満たした本外装発泡技術を新たに開発した。この技術を用いることで、日産自動車の新型「SERENA」に採用されたサイドシルプロテクターは従来の樹脂外装部品(*3)と同等の剛性を保ちながら、外観品質の維持と約30%(*4)の軽量化を実現した。また、SUBARU新型「SUBARU XV」に採用されたサイドガーニッシュはSUBARU従来車比で約33%軽量化することができた。
 日立化成は独自の材料設計技術、金型設計技術、成形技術により樹脂バックドアモジュール、樹脂トランクリッドモジュール、バンパー等の外装部品、インストルメントパネル、コンソールボックス等の内装部品、エンジン搭載バランスシャフト用樹脂ギヤ、HEV、EV 用樹脂インバータハウジング(*5)等の機能部品等を幅広く生産しており、今後は、新たに開発した本外装発泡技術を加え、グローバルに自動車用部品の売上拡大を図る。
*1 サイトシルプロテクターおよびサイドガーニッシュは、自動車のボディーの保護と意匠性向上のために付けてある部品
*2 ここでの外観品質とは、自動車メーカーが外装部品に要求する光沢、色等の状態および耐候性のこと
*3 従来の外装部品とは、本外装発泡技術を使わない外装部品
*4 30%は、同じ形状で本外装発泡技術を使わない従来の樹脂外装部品と本外装発泡技術を用いた樹脂外装部品の重さの比較結果(同社試算値)
*5 樹脂インバータハウジングとは、環境対応車 HEV(Hybrid Electric Vehicle)、EV(Electric Vehicle)用インバータの電力パワー素子と回路を内蔵し、接続機能を有した樹脂ケース

日本印刷産業連合会の検索サイト

お知らせ

 08月09コンバーテック8月号(本文32頁)掲載のウイル・コーポレーション/日本HPの記事で、タイトルに一部誤りがありました【訂正PDFはこちら】