(株)東芝は、府中事業所内に「水素エネルギー利活用センター」(建築面積:約1,000m2)を開所した。同センターは、再生可能エネルギー由来の水素を燃料電池車に供給する事業所向けの地産地消型水素供給システム「H2One™」として設計されており、今後、同センターを事業所向け「H2One™」の営業活動の拠点として活用し、同システムの工場、物流拠点、空港等への納入を目指す。
 同センターは、太陽光発電により発電した電力から水素を製造し、圧縮・蓄圧して、事業所内で運用する燃料電池フォークリフトに充填する施設で、東京都の「事業所向け再生可能エネルギー由来水素活用設備導入促進事業」の採択を受けて2016年11月に着工した。燃料電池フォークリフトは、稼働時にCO2を排出しないほか、再生可能エネルギー由来の水素を燃料にしているため、一貫したCO2フリーを実現する。また、水素の充填時間も3分程度と高い利便性があるため、工場や物流拠点、空港といった産業分野における普及が期待され、それを支える水素供給システムを提案していく。
 「H2One™」は、東芝独自の水素エネルギーマネジメントシステム「H2EMS™」により、再生可能エネルギー由来の水素を活用して、電力を安定的に供給できるCO2フリーの自立型水素エネルギー供給システム。事業所向けの「H2One™」では、「H2EMS™」に新たに車両用の「水素需要予測アルゴリズム」を搭載。同アルゴリズムは、燃料電池車側の水素需要を予測することで水素の製造・圧縮量を最適に管理し、車両の水素充填ニーズに対応するとともに、事業所全体の水素貯蔵量を低減するなど省スペース化にも貢献する。
 東芝は事業所向けの「H2One™」により、再生可能エネルギーを利用して生成するクリーンな水素エネルギーを安定的、効率的に供給する技術やソリューションを展開していくことで、産業分野での水素利活用の普及に貢献していく。
SnapCrab NoName 2017 7 17 8 30 57 No 00 R

日本印刷産業連合会の検索サイト