<日本・東京、2017年11月13日>SABICは、米国プラスチック技術者協会(Society of Plastics Engineers:SPE)のオートモーティブ・イノベーション・アワードにおいて、同社の樹脂を用いたBMW Groupの2017年モデルMINIカントリーマン(日本名MINIクロスオーバー)に搭載されているインストルメントパネル・キャリアが、本年度のボディ・インテリア部門賞を受賞したことを明らかにした。
 このインストルメントパネル・キャリアは、革新的な射出発泡成形技術と、軽量化を可能とするSABICの樹脂とを組み合わせることで、通常の硬質プラスチック製構造部品と比較し、部品重量を約15%軽量化することに成功している。
 この成形部品には、SABICの高流動性ガラス長繊維強化ポリプロピレン(LGFPP)素材「STAMAX(tm)樹脂」と、コアバック技術を利用した射出発泡成形用の専用マスターバッチが用いられている。
 本インストルメントパネル・キャリアに利用されている射出発泡成形は、樹脂を金型内に射出し完全に充填した後、金型コア側での樹脂の発泡に備えて金型を開くプロセスがとられている。このコアバック技術にもとづいて樹脂を発泡させることで部品の厚みを1.9mmから4mmに増すことができ、これによって部品重量を増加させることなく必要な強度と剛性を実現できる。またSTAMAX樹脂を用いた射出発泡成形によって、成形加工に必要な樹脂の量を低減できる上、サイクルタイムの短縮化にも貢献する。
 このたびの開発プログラムにおけるTier 1サプライヤはInternational Automotive Components(IAC)Groupで、金型メーカーはSiebenwurstである。
 SABIC自動車事業部門のリーダーであるScott Fallon氏は、「BMW Groupおよび今回の共同プロジェクトに携わった皆さまにお祝い申し上げます。こうした発泡技術を実現するのは容易ではなく、このたびの受賞は非常に価値あるものと云えるでしょう。最善の結果を得るための金型設計やプロセス最適化には、関係者すべてのスキル、知識、粘り強さが不可欠です。私たちは自分たちの能力に誇りを持ち、この軽量化ソリューションの開発と検証に役立つよう、今後も必要なサポートを提供してまいります」とコメントしている。
 今回の開発にあたりSABICでは詳細なCAE反り変形解析を実施し、この構造部品における反り変形挙動を予測した。この評価は開発工程の初期に実施され、部品と金型双方の設計に対する重要な知見が得られたことから、開発当初から最適な金型を設計することができた。
 また同氏は、「こうしたコンピュータ・シミュレーションは硬質プラスチック部品では一般的に実施されていますが、発泡成形部品の開発シミュレーション・ツールとしてはまだ初期段階です」としており、加えて「今回の開発プログラムが示すように、私たちSABICはこうした解析技術を直ぐにでも提供することができます。引き続き私たちは、新しい素材の開発や成形部品の特性予測技術の向上に取り組んでまいります」と話している。
 SPEが主催するオートモーティブ・イノベーション・アワードは今年で47年目を迎え、世界の自動車業界とプラスチック業界において最も長い伝統を持つ栄誉ある賞である。
SnapCrab NoName 2017 11 13 11 50 33 No 00 R

日本印刷産業連合会の検索サイト