フタムラ化学(株)マイクロ波化学(株)(MWCC)は、資本業務提携により、マイクロ波を活用した既存プロセスの生産革新や新素材開発に向け、開発をスタートした。

 フタムラ化学は、食品包装フィルムで国内のトップシェアを持つ化学メーカー。この他に、活性炭、セロハン、不織布など、生活に欠かせない製品づくりで事業を展開している。

 マイクロ波化学は、マイクロ波を活用した製品製造プロセスの独自開発や、従来技術では製造困難な新素材開発に取り組むベンチャー。この技術は、医薬、電子材料、食品、燃料など、幅広い分野の製造プロセスへ応用展開が可能で、国内外の様々なメーカーとの共同開発や独自プラント立ち上げを進めている。

 両者は、フタムラ化学がマイクロ波化学に出資し、フィルム分野や無機材料分野等においてマイクロ波を用いた既存プロセスの生産革新や新素材開発を行うことで合意した。フタムラ化学は、ベンチャーと資本提携する初めての事例となる。今後、複数テーマで開発を進め、数年以内にフタムラ化学の製造工場への設備導入を目指し、開発を進めていく。 

(会社概要)

フタムラ化学(株) マイクロ波化学(株)
 1.設 立  1950年10月  2007年8月
 2.所在地 愛知県名古屋市中村区名駅二丁目29番16号 大阪府吹田市山田丘2-8
 3.資本金  500百万円  3,318百万円(資本準備金を含む)
 4.事業内容

  -製造販売

ポリプロピレンフィルム

ポリエステルフィルム

セロハン

不織布

ファイブラスケーシング

活性炭

フェノール樹脂積層板

マイクロ波化学プロセスの研究開発及び

 エンジニアリング

マイクロ波化学プロセスを活用した製品

 製造における合弁事業、ライセンス事業

マイクロ波化学プロセスを活用した製品

 の製造・販売

 5.従業員数 1,239人(平成29年3月末)  41人

日本印刷産業連合会の検索サイト