(一社)日本印刷産業連合会は、「印刷産業における環境関連法規集」(2017年版)に則り、印刷企業にとって欠かせない大気汚染防止法、水質汚濁防止法、廃棄物処理法など重要な環境法規の要点を解説するセミナーを2018年1月16日に開催する。また「化学物質による健康障害のリスクアセスメントシート」を改訂し、新たに「オフセット印刷用リスクアセスメントシート(Ver.2)」(PC版)を作成したので、当日、併せて紹介する。
<プログラム>
1.印刷企業にとって重要な環境法規とその対応について (14:00-16:00)
 講師:千本雅士氏(日本印刷産業連合会・環境関連法規集改訂分科会 座長、大日本印刷(株) CSR・環境部 シニアスタッフ)、木下敏郎氏(日本印刷産業連合会・環境関連法規集改訂分科会 委員、凸版印刷(株) 製造統括本部エコロジーセンター 部長)
 要旨:「印刷産業における環境関連法規集」(2017年版)をテキストに、環境法規の概要と特に印刷会社が注意しなればならない大気汚染防止、水質汚濁防止、廃棄物適正処理等を中心に実務担当者向けに説明する。また本法規集発刊後の水銀使用産業廃棄物に対する新たな措置についても解説する。
2.労働安全衛生に関する対応について (16:10-16:40)
 講師:岡田賢造氏(日本印刷産業連合会・環境関連法規集改訂分科会委員、CIH労働衛生コンサルタント)
 要旨:今回の「印刷産業における環境関連法規集」(2017年版)改訂を期に記述を充実させた労働安全衛生関係について説明する。
3.オフセット印刷用リスクアセスメントシート(Ver.2)の紹介 (16:40-17:00)
 担当:猪瀬卓之氏(日本印刷産業連合会・環境安全部)
 要旨:従来の「化学物質による健康障害のリスクアセスメントシート」を全面的に見直し、新たに「オフセット印刷用リスクアセスメントシート(Ver.2)」(PC版)を作成したので、利用方法について紹介する
<開催日時>2018年1月16日(火)14時00分~17時00分(13時30分受付開始)
<会 場>日本印刷会館(東京都中央区新富1-16-8) 2階大会議室(有楽町線新富町駅、日比谷線八丁堀駅下車)
<参加費>会員・賛助会員 3,000円、一般 5,000円 (印刷産業環境関連法規集、当日資料、消費税含)。当日、現金にて支払うこと(領収書発行)。お釣りのないように準備すること。GP認定工場は1工場につき1名まで無料で招待。
<定 員>100名
<申込方法>日印産連HPトップページのセミナー・コンテスト募集から申し込むこと。
      https://www.jfpi.or.jp/topics/detail/id=3463
<申込締切>2018年1月11日(木)、ただし、定員になり次第、締め切る。

日本印刷産業連合会の検索サイト