SnapCrab NoName 2018 1 11 14 23 21 No 00 R
 NVIDIAとUberは2018年1月7日、ライドシェアリング サービスを提供するUber が、自社の自動運転車両に搭載するAIコンピューティング システムにNVIDIA の技術を採用したことを発表した。
 CES 2018の開幕前に開催されたプレス カンファレンスにおいて、NVIDIAの創業者兼CEO、ジェンスン・フアン (Jensen Huang)氏は、このコラボレーションでは Uber Advanced Technologies Groupの自動運転車両と自動運転トラックでNVIDIAの技術を利用し、AIアルゴリズムの実行によって、複雑な環境においても各車両が世界を認識し、次に起こることを予測し、最善の方策をすばやく選択できるようになると述べている。
 「交通輸送の将来はモビリティサービスによって変革されます。便利で手頃な MaaS (サービスとしてのモビリティ) が都市や社会を作り変え、今後 10 年間で予想される 10 億人規模の世界人口の増加に対処できるようになります。自動運転車両はモビリティ サービスの普及にとって必要不可欠な技術です。私たちは Uber と協力してこのビジョンを実現することを楽しみにしています」とフアン氏は述べている。
 Uberは2015年の初めに自動運転技術への取り組みを開始し、2016年秋にピッツバーグで初の公道走行実験を行った。続いて2017年の初めには、フェニックスで2回目の実験を開始している。この間にUberの自動運転車は5万回を超える乗客輸送を行い、200万マイル超の走行距離を記録している。
 UberがNVIDIAの技術を採用したことは、自動運転車両におけるコンピューター技術の要件が膨大であるという現実を反映している。自動運転車両や自動運転トラックは、高精細の360度サラウンド カメラとライダーを通して世界を知覚し、センチメートル単位の精度で自車の位置を認識して、他の車両や人を検出および追跡し、目的地までの安全で快適な経路を計画する必要がある。しかも、最高レベルの安全性を確保するには、このすべての処理をマルチレベルの冗長性をもって実行する必要がある。無人走行車におけるコンピューター技術への要求水準は、今日の最先端を行く一般車の優に50~100倍に達す。
 Uber Advanced Technologies Groupの責任者であるエリック・メイホファー (Eric Meyhofer) 氏は次のように述べている。
 「安全で信頼できる自動運転車両を開発するには、高度なAIソフトウェアと高性能のGPUコンピューティング エンジンを車内に配備する必要があります。Uberがスケーラブルな自動運転車両と自動運転トラックを市場に提供するうえで、NVIDIAは非常に重要なテクノロジ プロバイダーだと言えます」
 Uberは、Volvo XC90 SUVの最初のテスト車両でNVIDIA GPUコンピューティング テクノロジの使用を開始し、現在では高性能のNVIDIAプロセッサーを使用して、自動運転/配車車両と自動運転の貨物トラックの両方でディープ ニューラル ネットワークを稼働させている。Uber車両の開発ペースは急激に加速しており、直近では100万マイルの自動走行をわずか100日間で達成している。

日本印刷産業連合会の検索サイト

【西日本を中心とした大雨の影響による配送遅延のお知らせ】
西日本を中心とした大雨の影響により、物流が大幅に遅延しております。地域によっては、月刊「コンバーテック」7月号および単行本のお届けが大幅に遅れる可能性があります。

ヤマト運輸HP
西日本を中心とした大雨の影響による荷受けの停止とお届けの遅延についてはこちら