宇部興産(株)は、設備老朽化に伴う製造設備の維持更新コストの増大、物流費用の高騰により、硝酸製品の価格改定を行うことを決定し、ユーザーとの交渉を開始した。硝酸製品の価格改定は2013年3月の打ち出し以来で、コストの上昇を製品価格に転嫁し、製品の安定供給体制の維持強化を行うことが目的。
 価格改定幅は次の通り。
 ・濃硝酸(98%) +5円/kg
 ・希硝酸(62%) +5円/kg
 ・希硝酸(67.5%)+5円/kg
 ・希硝酸・ポリ缶 +10円/kg
 ・硝酸ソーダ   +18円/kg
 実施時期は2018年3月1日出荷分から。
 硝酸製品はアンモニアを原料として生産される宇部興産の工業薬品事業の主力製品。硝酸はウレタン原料の製造をはじめ、酸洗いやメッキ用などに使用され、新興国での自動車や住宅関連での需要増加に伴い需給タイトな状況が続いている。硝酸ソーダは熱処理剤やガラス原料として使用されている。

日本印刷産業連合会の検索サイト