(株)クラレは、PTT Global Chemical Public Company Ltd.、住友商事(株)と共同で、ブタジエン誘導品の製造販売事業に関する詳細検討を進め、このたび、合弁契約を締結した。これより、当該合弁事業に係る関係当局への申請手続きを開始する。
 3社は2016年9月よりタイのラヨン県マプタプット、石油化学コンプレックス内のヘマラ イースタン工業団地を候補地に高耐熱性ポリアミド樹脂PA9T、水素添加スチレン系熱可塑性エラストマーの製造販売事業について詳細事業化調査(フィージビリティ・スタディ)を進めてきた。このたび、さらなる検討および当該合弁事業の独禁当局への申請を行うため、最終投資判断に先立ち合弁契約を締結した。
 出資比率は、クラレ53.3%(*)、PTT Global Chemical Public Company Ltd. 33.4%、住友商事 13.3%
(*)合弁会社に出資するために設立する持株会社を通じた間接保有持分

日本印刷産業連合会の検索サイト