住友ベークライト(株)は、電気絶縁用エポキシ粉体塗料および電子電機部品用液状エポキシの値上げ申し入れを顧客に行う

 電子部品・モータ等の絶縁外装材であるエポキシ粉体塗料「スミライトレジン(R)ECP」およびコイル・リレー・コンデンサ等の絶縁封止に用いられる液状エポキシ樹脂「スミマック(R)ECR、ECH」について、昨年末からの原油価格の上昇に加え、中国での環境規制強化の影響およびベンゼンの価格上昇に伴い主原料のBPA(BPA:Bisphenol A)エポキシが高騰している。さらに、昨今の人手不足等により輸送費・梱包資材・荷造り費等も大幅に上昇している。

 同社はこれ以上の自社でのコスト負担は限界に達しており、安定供給を継続するために価格改定が避けられないと判断した。

価格改定の内容

1、価格改定:

 エポキシ粉体塗料「スミライトレジン(R) ECP」製品

 液状エポキシ樹脂「スミマック(R) ECR、ECH」製品

 価格改定率 5%

2、実施時期:2018年3月12日出荷分から

日本印刷産業連合会の検索サイト