SnapCrab NoName 2018 5 15 10 38 55 No 00 R<ブリュッセル、2018年5月15日>ソルベイは、サウスカロライナ州最大のソーラーファームとなるSolvay Solar Energy-Jasper Countyの開設を発表した。これは、再生可能エネルギーを利用して製造した製品に対する需要拡大への対応を可能にするもの。
 ソルベイは昨年、今後15年間、71.4MWのソーラーファームの再生可能電力証書(RECs)すべてを購入することに同意した。これは、サッカー競技場500面分に相当する25万基を超えるソーラーパネルの規模に相当する。Dominion Resources, Inc.社が所有するこのソーラーファームは、2017年12月に委託されている。
 「今回の契約は、再生可能エネルギーの供給源を拡大するソルベイの計画の一環として締結されたものであり、ソルベイと再生可能エネルギーを利用するApple社を含むお客様の温室効果ガスの排出を削減することを目的としています」と、ソルベイのCEO、Jean-Pierre Clamadieu氏は述べている。
 「当社は、ソルベイのようなサプライヤーの協力の下で、よりクリーンなエネルギー源に移行する取り組みを進めています。再生可能エネルギーへの投資は、環境にとってもビジネスにとっても有益です。そのためAppleでは現在、電力を100%再生可能エネルギーでまかなっており、ソルベイを含む23社のサプライヤーでも、100%再生可能エネルギーの利用を表明しています」と、Apple社のVice President of Environment, Policy and Social Initiativesを務める、Lisa Jackson氏は語っている。
 ソルベイのSpecialty Polymers Global Business Unitは、6カ国、10カ所の製造施設で、すべてのApple社製品について再生可能エネルギーを100%使用することを誓約した。ソルベイは、iPhoneのアンテナバンドなど、Apple社製デバイスで使用される材料を供給している。

日本印刷産業連合会の検索サイト

【西日本を中心とした大雨の影響による配送遅延のお知らせ】
西日本を中心とした大雨の影響により、物流が大幅に遅延しております。地域によっては、月刊「コンバーテック」7月号および単行本のお届けが大幅に遅れる可能性があります。

ヤマト運輸HP
西日本を中心とした大雨の影響による荷受けの停止とお届けの遅延についてはこちら