SnapCrab NoName 2018 6 13 10 23 43 No 00 R<ウルサン・韓国 – 2018年06月13日>ソンウォンは、6月13日~16日にかけてタイ・バンコク国際貿易展示センター(BITEC)で開催される食品、飲料、医薬品加工、包装におけるアジア最大の展示会であるProPak Asia 2018展に出展し(スタンドATR45)、HI-THANE™ポリウレタン・ソリューションの新製品としてインキバインダーと接着剤を発表する。
 ソンウォンは、グラビア印刷やフレキソ印刷に用いられるポリウレタンインキ用バインダー技術、およびフレキシブル包装材のラミネート(積層)に使用されるポリウレタンラミネート用接着剤のリーディングカンパニーであり、同展ではこれら最新の高性能製品とソリューションを展示紹介する。
 ソンウォン、TPPビジネスユニットのリーダーであるイ・キュヨル氏は「ProPak展では、包装業界に対する当社の取り組みについて紹介します。ソンウォンは長年にわたる業界知識と製造経験を活かし、幅広い高性能ポリウレタンインクバインダーやラミネート用接着剤など、包装分野に向けた革新的な製品の開発に取り組んでいます。フレキシブル包装材向けにカスタマイズされた当社のソリューションは、プラスチック・フィルム製造業者の競争力強化に寄与すると共に、最終製品に求められる要件を満たすことができます」と語っている。
 このたびの展示会では、HI-THANE™ポリウレタン・ソリューションの新製品が発表される。「HI-THANE™ A-9135T」と「HI-THANE™ A-9107T」は、グラビア印刷およびフレキソ印刷のインキに適した脂肪族溶剤系ポリウレタンインキバインダー。ソンウォン、TPP技術サービス部門のペ・ヒョンシク氏は、「これらの製品は様々なプラスチック・フィルムの接着強度および耐熱性向上を図ることができ、柔軟なプラスチックと金属箔との積層体から作られるレトルトパウチ用途(レトルトカレーや軍用食など)に最適です。また本製品は強力な耐ブロッキング性を備えていることからフィルム層が互いにくっつかず、これにより生産性の向上に貢献します」と話している。
 また「HI-THANE™ A-7332」は、無溶剤型のポリウレタンラミネート用接着剤で、様々なプラスチック・フィルムに高い接着強度を付与することができる。ペ・ヒョンシク氏は、「この接着剤は非常に優れた濡れ性を有しており、コーティングの重量軽減およびフィルムラミネーションの加工コスト低減に貢献します」とコメントしている。

日本印刷産業連合会の検索サイト