ユニチカ(株)は、包装用2軸延伸ナイロンフィルムおよびポリエステルフィルムについて、2018年9月11日出荷分から価格改定する。

 昨年より、ナイロンフィルム及びポリエステルフィルムの主要原料である、CPL(カプロラクタム)、PTA(高純度テレフタル酸)・EG(エチレングリコール)の価格は高騰を維持しており、さらに物流費やユーティリティー費用等につきましても、より一層上昇している状況が続いている。一方、ナイロンフィルム、ポリエステルフィルムにおいて世界的に需要は旺盛で、引き続き需給バランスは締まった環境にある。このような状況の中、同社は様々な合理化・省力化策を推進したが自助努力による範囲を超えるものであり、フィルム製品の安定供給を維持するため、下記のとおり価格改定を実施することとした。

1.価格改定幅

 エンブレム(R)(ナイロンフィルム):15μm換算 300円/連

 エンブロン(R)(複層ナイロンバリアフィルム):15μm換算 300円/連

 セービックス(R)(ナイロンバリアフィルム):15μm換算 300円/連

 エンブレット(R)(ポリエステルフィルム):12μm換算 200円/連

 セービックス(R)(ポリエステルバリアフィルム):12μm換算 200円/連

 セービックス(R)(バリアOPPフィルム):20μm換算 300円/連

  ※連=500m2

2.実施日

 2018年9月11日出荷分から

日本印刷産業連合会の検索サイト