住友化学(株)の理事である関根千津氏は、このたび、1906年に設立され、約80力国が参加している電気・電子技術分野における国際標準の作成を行う国際電気標準会議(IEC)より、「IEC1906賞」を受賞した。IEC1906賞は、電気・電子技術の標準化活動に大きく貢献した個人または組織に対して贈られるもの。関根氏は、IECにおいてプリンテッド・エレクトロニクス材料の標準化活動を行っているワーキンググループ「IEC/TC 119WG2(Materials)」のコンビナーとして、参加国の意見を調整しながら技術的な議論をリードし、同ワーキンググループが扱う複数のプロジェクトを的確に管理したことが高く評価され、受賞に至った。
 プリンテッド・エレクトロニクスは、IoT社会の実現に欠かせないセンサーネットワークのキーテクノロジーの1つになると見込まれている。プリンテッド・エレクトロニクス材料の特性や耐久性の評価法に関する国際標準化が進めば、材料の利活用が容易になることから、技術展開の幅が広がり、さまざまな製品の事業化および普及が期待される。

日本印刷産業連合会の検索サイト