(株)クラレの米国現地法人であるクラレアメリカ(本社:米国テキサス州、社長:豊浦 仁)のエバール工場における定期修理および能力増強工事は、今年5月19日に発生した火災事故の影響で遅延していたが、11月29日(現地時間28日)に発災ラインの稼働を再開し、全ラインで定常運転を開始した
 本能力増強工事完了後のグローバル生産能力は下記の通りとなる。
 岡山事業所           10,000トン
 クラレアメリカ         58,000トン 
 エバールヨーロッパ(ベルギー) 35,000トン
 合  計            103,000トン
 なお、クラレアメリカは当該火災事故に関し、U.S. Occupational Safety and Health Administration(OSHA)の事故調査に全面的に協力してきたが、この度、調査終了に伴い、行政処分として83,713米ドル(約920万円)の支払いを命じられた。本件による2018年度12月期の連結業績予想の修正はない。

日本印刷産業連合会の検索サイト