サカタインクス(株)は、成長市場であるバングラデシュ人民共和国において、印刷インキ事業をさらに強化・拡充するため、新工場を建設するための用地を取得した。

 バングラデシュ市場向けについては、これまでインド子会社からパッケージ用インキを輸出していたが、出荷数量が順調に伸びており、また、パッケージ用インキ需要の高まりに対応するため、このたび、バングラデシュ人民共和国に新工場を建設するための用地を長期リース契約により取得した。

【用地の内容等】

(1)所在地:

 Meghna Industrial Economic Zone(MIEZ)

 メグナ産業経済特区(ダッカ市郊外)

(2)契約締結日:2019年1月3日

(3)面積:20,241.71m2

(4)用地取得者:SAKATA INX (BANGLADESH) PRIVATE LIMITED(2017年11月設立)

 2020年内に完工予定。工場建設の詳細は未定。バングラデシュに拠点を築くことによって、サカタインクスブランドの一層の向上を目指し、グローバル展開のさらなる拡充を図っていく。

日本印刷産業連合会の検索サイト