SnapCrab NoName 2019 1 11 6 42 44 R
 印刷業界のためのハイデルベルグの新しいイノベーションセンターが、ウィスロッホ-ヴァルドルフにおいてオープンした。以前の生産ホールは業界で最先端のイノベーションセンターとして生まれ変わった。新しいイノベーションセンターをオープンすることによって、ハイデルベルグは印刷会社、そしてハイデルベルグ自身のデジタルトランスフォーメーションを加速する。
 「印刷業界のデジタル化はトップスピードで進んでいます。私たちは、“Heidelberg goes Digital”というストラテジー(戦略)のもと、このプロセスを積極的に加速していきます。私たちの新しいイノベーションセンターは、さまざまな点においてハイデルベルグ自身、そして業界全体の未来を守る重要な役割を果たすことになるでしょう。私たちのテクノロジーリーダーシップは、約1,000人の従業員が有する高度な技術と追随を許さない専門性によって成長し続けるでしょう。イノベーションセンターが私たちの生産活動と近いということも迅速性と学際的な開発プロセスにとっては重要です」とハイデルベルグの取締役であるシュテファン・プレンツ氏は説明する。
 「イノベーションセンターは私たちの会社の新しいハブであり、私たちがウィスロッホ-ヴァルドルフに時間をかけて創造しつつある未来のハイテクキャンパスです」と、彼は加えます。

開発プロジェクトは業界のデジタルトランスフォーメーションを加速する
 新しくオープンしたイノベーションセンターは、世界で年間4,000億ユーロ以上の売上を誇る印刷業界一の“コンピテンスセンター”。「未来のイノベーションは、高度な技術を有するスタッフがミディアムサイズの印刷機を生産していた場所で今開発されています」と、プレンツ氏は続ける。ハイデルベルグは、売上の約5%-現在、約1億3,500万ユーロを使っている。
 多くのプロジェクトは、インダストリアルデジタルプリンティングのポートフォリオを拡大することと、オフセット印刷の領域、システム自身で対応ができない場合だけ、プロセスに人の介入が必要になる自動運転のための“Push to Stop”テクノロジーの開発をさらに進めることに重点を置いている。
 加えて、開発者のさまざまなチームは、すべての印刷会社のプロセスがデジタル化される“スマートプリントショップ”や、システムが提供するベネフィットに対して顧客が代価を支払う“ハイデルベルグサブスクリプション”などのデジタルビジネスモデルの拡大に携わっている。
 この開発はハイデルベルグがネットワークで繋がったお客様のシステムから数十年かけて蓄積してきた、業界における最大のデータによってサポートされている。
 「私たちのお客様は、すべてのエネルギーをデジタル化に注いでいます。これには商業印刷、パッケージ印刷、ラベル印刷といった伝統的な3つの領域において、カスタマイズされたデジタル印刷アプリケーションを、コストの最適化を実現するインダストリアル規模で提供していく可能性も含みます」と、ハイデルベルグの研究開発の責任者であるフランク・クロップ氏は語る。
 「すべての付加価値プロセスのデジタル化は新しいビジネスモデルへの道を切り開きます。そして、競争力を維持し高めていくため、すべての効率を向上します。私たちのイノベーションセンターは、デジタル化の数々のチャレンジに対して理想的なソリューションを創造します。“Open for Innovation”というモットーは、その役割に最適な言葉です」と、彼は述べている。
 デジタル化が進む世界においては、ダイナミックに変化するペースについていくことが重要。「だからこそ、ハイデルベルグはScrum (スクラム) などの、迅速かつ適応的にソフトウェア開発を行う作業方法を積極的に利用しています。これにより開発チームがいち早く、刻々と変化するデジタルの世界への柔軟性を高め、早い段階で開発のプロセスに新しい市場での気づきを吹き込みことも可能にします。市場の成熟スピードが加速している今、お客様と協力しながら特定の市場に合わせて最適化を試みることができます」とクロップ氏は加える。
 ハイデルベルグは開放的であることを確実にするため開発プロセスを設計した。これは、顧客、サプライヤー、パートナー企業、および従業員を必要に応じてプロセスに統合することができる。それが、顧客のベネフィットという視点からも、コストの効率化、効果の向上につながる。

ヨーロッパの開発ネットワークはハイデルベルグに追随を許さない業界の専門性を与える
 新しいイノベーションセンターは、キール、ルートヴィヒスブルク、ヴァイデン(すべてドイツ)、ザンクトガレン(スイス)の拠点を含むハイデルベルグのヨーロッパの開発ネットワークの本部。
 そのネットワーク全体で、プリプレス、ポストプレスを含む印刷技術、制御駆動システム、オペレータインターフェースを含むソフトウェア、そしてデジタル印刷用のインク開発を含む印刷必需品の領域で働く1,000名近くの開発者を有している。これらの従業員の3分の2以上が学位、もしくは博士号を持っている。彼らは、伝統的なメカニカルエンジニアリングの専門性と、デジタル化、画像処理、電子工学とソフトウェア開発、プロセスエンジニア、そして化学に関する重要なスキルを組み合わせている。
 「最終的にすべての違いを生み出し、ハイデルベルグが成功することを確実にするのは従業員の知識とコミットメントです」と、プレンツ氏は強調する。「新しいイノベーションセンターは、彼らが働くことを楽しみ、創造性を掻き立て、ハイデルベルグにおいて将来のワークプラクティスのモデルとなる環境と雰囲気を提供します」と、彼は締めくくる。
日本印刷産業連合会の検索サイト