NVIDIAとMellanoxは2019年3月11日、NVIDIAがMellanoxを買収するということで両社が最終合意に達したと発表した。この合意に基づき、NVIDIAは現金でMellanoxの発行済み株式すべてを1 株当たり125ドルで買い取ることになり、この企業価値総額はおよそ69億ドルとなる。買収が完了すれば、この連結により、NVIDIAの非GAAPベースの総利益率、非GAAPベースのEPS(1株当たり利益) およびフリーキャッシュフローは、直ちに増加するものと見込まれている。
 今回の買収により、ハイパフォーマンス コンピューティング (HPC) のリーダー企業2社が1つに融合する。NVIDIAのコンピューティング プラットフォームとMellanoxのインターコネクト技術は、2社で世界の「TOP500」スーパーコンピューターの250以上で採用されており、大手のクラウド サービス プロバイダーやコンピューター メーカーが顧客となっている。
 現代のAI、科学技術計算、およびデータ アナリティクスのワークロードにおいて、データおよび演算の量は指数関数的に増加しており、ハイパースケールおよびエンタープライズ向けのデータセンターには膨大な処理能力が求められるようになっている。コンピューティングへの需要が高まっている反面、CPU性能の進展は、ムーアの法則が終焉し、減速しつつある。そのため、NVIDIAのGPUとMellanoxのインテリジェント ネットワーキング ソリューションを使った、アクセラレーテッド コンピューティングを導入する必要が生まれている。
 未来のデータセンターは、数万のノードからなる巨大な計算エンジンとして構築され、最適な性能のためにインターコネクトとの、総合的な設計がなされるあろう。
 ハイパフォーマンス インターコネクト テクノロジ分野の初期のイノベーターであるMellanoxは、InfiniBandインターコネクト テクノロジのパイオニアであり、このテクノロジは、同社の高速イーサネット製品とともに、現在、世界最速クラスのスーパーコンピューターの半分以上、ならび主要なハイパースケール データセンターの多くで使用されている。
 Mellanoxとともに、NVIDIAは、コンピューティング、ネットワーキングおよびストレージ スタック全体にわたってデータセンタースケールのワークロードを最適化し、より高い性能、より広い用途、ならびに顧客の運営費用削減を実現する。
 NVIDIAの創業者/CEOであるジェンスン フアン(Jensen Huang)氏は以下のように述べている。
 「AIとデータ サイエンスの台頭、ならびに数十億人もの同時接続のコンピューター ユーザーの存在が、全世界のデータセンターの急激な需要増を後押ししています。この需要に対処するには、インテリジェントなネットワーキング ファブリック全体で膨大な数の高速演算ノードを接続し、データセンタースケールの巨大な演算エンジンを構築するという、総合的な設計が必要となるでしょう」「NVIDIAのアクセラレーテッド コンピューティング プラットフォームと、世界的に有名なMellanoxのアクセラレーテッド ネットワーキング プラットフォームを融合させ、次世代のデータセンタースケール コンピューティング ソリューションを創出できるようになることを嬉しく思っています。私は、Mellanoxのビジョナリー リーダーたちや同社の優秀な人々とともに、明日のコンピューターを作り出すことをとりわけ楽しみにしています」
 Mellanoxの創業者兼CEOであるエーヤル ウォルドマン(Eyal Waldman)氏は次のように述べている。
 「アクセラレーテッド コンピューティングについて、私たちとNVIDIAは同じビジョンを持っています。2つの企業が、長きにわたるパートナーシップを経て1つになるというのは当然の帰結であり、両社の性能重視の文化を考えれば、すばらしい組み合わせと言えます。この組み合わせにより、パワフルなテクノロジとMellanoxの社員にとって素晴らしい好機が育まれるでしょう」
 両社には、コラボレーションとジョイント イノベーションの長い歴史があり、最近では米国エネルギー省が運営している、世界最速の2つのスーパーコンピューターであるSierraおよび Summitの構築で両社が協力したことにも、それが示されている。世界の大手クラウド サービス プロバイダーの多くも、NVIDIAのGPUとMellanoxのインターコネクトの両方を使用している。性能を何よりも重視するという、NVIDIAとMellanoxが持つ共通の文化によって、シームレスな統合が実現できる。
 この買収の完了後も、NVIDIAは、世界でもっとも重要なテクノロジ センターの1つである、イスラエルの優れた地元企業および才能への投資を続ける意向を持っている。今回の買収によって、顧客向けの販売とサポートが変わることはない。

買収についての追加情報
 買収完了後、この買収によって、NVIDIAの非GAAPベースの総利益率、非GAAPベースのEPS(1株当たり利益)およびフリー キャッシュフローは、直ちに増加するものと見込まれている。NVIDIA では、貸借対照表上の現金を買収資金とする意向を持っている。さらに、同社がこれまでに発表している、2020会計年度の残り期間での資本還元プログラムについては変更はない。今回の買収は、両社の取締役会の承認を受けており、規制当局の承認が得られ、合併合意についてのMellanox株主の合意を含む、他の慣習法上の完了条件を満たせば、2019暦年末までに完了する見込み。

アドバイザー
 Goldman Sachs & Co. LLCがNVIDIAの専属財務アドバイザーを努め、Jones Dayが法務アドバイザーを務めた。Credit Suisse GroupおよびJ.P. Morgan Chase & Co.がMellanoxの財務アドバイザーを努め、Latham & Watkins, LLPおよびHerzog Fox & Neemanが法務アドバイザーを務めた。

カンファレンス コールとウェブキャストの情報  今回の買収につ

日本印刷産業連合会の検索サイト