デジタルハイブリッドのトッパン・フォームズ(株)は、環境配慮型のワンウェイ保冷ボックスの販売を5月15日から開始した。断熱材の独自組み込み方法(特許出願中)により密閉度が向上したことで、保冷ボックス内を長時間一定の温度帯に保てる。外気温30℃の場合で保冷ボックス内は0~25℃の状態を最大72時間保てる。保冷ボックスは紙製で、断熱材には一般可燃ごみとして処理することが可能な紙由来の材料を採用。冷蔵便を使用する場合に比べて輸送コストを抑えることができる常温便を使って日本各地から国内・海外に品物を送ることができる。主に、医薬品輸送での利用を想定。2017年の販売目標は2億円。

2017 05 16 toppan f

【背景】

  医薬品業界においては、世界的に輸送時の品質管理に適正流通基準(Good Distribution Practice:GDP)ガイドラインを設けて、厳格化する傾向にあり、適温での輸送の重要性が増している。医薬品メーカー各社には、より厳格な輸送管理が求められ、品質管理が経営課題になることが予想される。

【背景】

 1.外気温30℃の環境で、0~25℃を最長72時間の定温輸送を実現

 2.組み立て・分解が容易で保管時の省スペース化、廃棄時の解体も短時間で完了

 3.紙由来の断熱材使用で、使用後可燃ゴミとして処理することができる

 4.当社独自の断熱材組み込み方法により保冷箱の密閉度が向上、長時間の保冷輸送が可能

【参考価格】

 ・72時間パッケージ 約11リットル(保冷剤1kg×4個):1,700円(税別)

 ・24時間パッケージ 約16リットル(保冷剤1kg×2個): 850円(税別)

  ともに1,000個製造時。断熱材、保冷ボックス(ダンボール)を含む

日本印刷産業連合会の検索サイト

お知らせ

 08月09コンバーテック8月号(本文32頁)掲載のウイル・コーポレーション/日本HPの記事で、タイトルに一部誤りがありました【訂正PDFはこちら】