(株)リンクスは、2017年6月7日から、フィンランドのSPECIM社製の「産業用途向けハイパースペクトルカメラFXシリーズ」を国内で提供開始した。

 SPECIM社は、フィンランドに本社を構え、1995年の設立以降、ハイパースペクトル機器の分野で世界初となる商用分光器を開発した企業で、同社の製品は世界中で数多く利用され続けている。

 近年のインラインでの品質管理、検査、工程監視においてハイパースペクトル技術が用いられる傾向にある。しかし、価格・品質・速度の面から、ハイパースペクトルカメラは産業用途での使用が難しいという現状があった。今回、リンクスが新たに提供を開始する「産業用途向けハイパースペクトルカメラFXシリーズ」は、今まで人の手作業で組み立て・調整をしていた内部光学部品を一括にまとめた光学ユニットとして設計し量産することにより、「高品質」かつ「低価格」を実現。キャリブレーション処理を施し工場から出荷されるため、プラグアンドプレイで個体差の少ない撮像が可能なうえ、必要なバンドを自由に選択することで撮像の高速化が可能となっており、インラインでの使用に適した製品となっている。

 スペクトル情報がわかることで2次元情報だけでは難しかった材料の同定や色あいの微細な分析が可能になる。例えば医薬品業界での薬の分別や食品業界での異物検査などでの利用が期待できる。

2017 06 08 speim

左:FX10 右:FX17

 なお、本製品は、6月7日(水)から9日(金)までパシフィコ横浜で開催されている「画像センシング展2017」に出展し、代表の村上慶によるセミナーを行い詳細に説明するとともに、デモンストレーションを交えて日本で初めて公開する。

日本印刷産業連合会の検索サイト

お知らせ

 08月09コンバーテック8月号(本文32頁)掲載のウイル・コーポレーション/日本HPの記事で、タイトルに一部誤りがありました【訂正PDFはこちら】