1163 R 生産ラインでは効率を高めてコスト全般を削減するために、産業用サーマルプリンタに高い印字精度と視認性を求めている。このようなニーズに応えて、ビデオジェットは次世代の産業用サーマルプリンタ製品を発表した。
 Videojet DataFlex® 6530 / 6330 (www.videojet.com/6530_6330)  には、業界初の統合型の印字品質保証システムとして革新的な「iAssure™(アイアシュア)」技術が搭載されており、一般的な印字不良を自動的に検出できる*。既存の品質管理プロセスを補完するために使用することで、同じような印字不良が多数検出された場合に生産ラインの停止を判断し、製品の廃棄や手直しの必要性を削減できるようになる。
 「iAssure技術により、汚れたプリントヘッド、不均一な印字面やサーマルリボンのしわなどによる印字不良を検出して、高品質な画像を一貫して作成できるようになります」と、ビデオジェット社事業部門マネージャ、Heidi Wright氏はコメントしている。「iAssure は既存の品質管理プロセスを補完する技術です。これを実現した産業用サーマルプリンタは他にはありません」。
 ビデオジェットは、生産ラインに最適なプリンタの選定には柔軟性が求められると考えている。Videojet DataFlex® 6530 / 6330プリンタはモジュール方式を採用しているため、電源をコントローラに配置することも、または分離して包装機の筐体内部に取り付けることもできる。また、生産環境で露出する部品を極力減らしたい場合、包装機のWebインターフェイスを通じてプリンタを制御できるため、ビデオジェットのコントローラも不要になる。これによりプリンタと包装機を一元的に制御できるようになる。
 ビデオジェットの6530/6330プリンタは、特別な設定をせずに厚さの異なるジッパー付きパックやパウチにも印字できる。また、すべての包装で再密封できるジッパー付きフィルムにも使用できるため、高い柔軟性から多くのメリットを受けることができる。
 この新しい産業用サーマルプリンタは、工場エアを必要としない完全電子制御の設計を採用しているため、稼働コストを削減し、印字速度を最大25%高めることができる。またこのプリンタ設計では、低品質の印字を改善する際に欠かせないエアの調整が不要であるため、ヘッド消耗が早まることもない。
 「当社のお客様は、より優れた生産性、品質、総コストを実現するソリューションを求めています。新しい6530/6330プリンタは、正にこれらの要素を実現する先進的な機能を備えています」と Heidi Wright氏は話す。
*注:iAssure™技術はすべての印字エラーを検出するようには設計されていない。また、バーコードの読み取りは行えない。

日本印刷産業連合会の検索サイト