SnapCrab NoName 2017 9 23 21 18 53 No 00 R
 tnaは、さまざまなドライ原料やウェット原料を正確に混合するための、新しい振動式混合システムを開発した。tna roflo® VMBS 3は、速度、継続的な振動運動、質量流量テクノロジーを融合させ、高い精度の混合、正確な調合管理、そして原材料費の削減を実現している。ウェットとドライの両方に適しているtna roflo VMBS 3は、焼き菓子やスナック菓子、ナッツ、ドライフルーツ、ペットフード、パスタ、シリアル、グミなどのさまざまな製品の混合だけでなく、サラダや冷凍野菜などの生鮮食品・冷凍食品の混合にも最適。
 tnaの有名な計量技術と統合型ロードセルを融合させたtna roflo VMBS 3は、最高水準の精度によってすべての原材料の計量を確実に行い、システムの精度を最大化するとともに、調合とコストの優れた管理を可能にする。tna roflo VMBS 3の統合型原材料投入モジュール(IIM)は、非常にコンパクトなデザインが特徴となっている。送り込みコンベヤーのほか、ホッパー、制御コンベヤー、計量コンベヤーを備えており、工場のカーボンフットプリント(設備設置スペース)の一部を最小限に抑える。調合の各要件に応じて、メーカーは最大22個のIIMモジュールを結合することができる。これらのモジュールはすべて、単一の制御システムによって一元管理される。このように、tna roflo VMBS 3はほとんどの生産工程と配置に対応しており、業務における高い柔軟性を実現する。
 同システムはステンレス製で、部品を取り外して洗浄できる設計により、高い衛生状態を確実に保つことができる。消耗部品は最小限に抑えられており、可動式ホッパーによって洗浄が容易になり、メンテナンスを最小限に抑えることで設備の高い信頼性を保証する。また、tna roflo VMBS 3は標準的な頻度で稼働するため、エネルギー消費量を最小限に抑えながら、より持続可能な生産工程を実現する。
 「製品の混合は、食品業界において需要が増え続けています」とtnaの生産管理マネージャーであるRoger Treacher(ロジャー・トリーチャー)氏は述べている。「タンパク質を増加させるためにトレイルミックス(固有商品名)にビーフジャーキーを追加したい、または新しいフレーバーを追加することによって既存の製品ラインの売上向上を図りたいなど、メーカーの要望にかかわらず、製品の混合、特に高額な原材料を混合する場合に原材料を1グラムも無駄にしないために、精度は重要な要素となります。当社の新しいtna roflo VMBS 3により、メーカーは低コストを維持しながら、従来のトレイルミックスの概念を他の製品カテゴリーに容易に拡大することができます。さらに、同システムのモジュール設定により、最小限のスペースで生産ラインに複数のモジュールを容易に追加することができます」。
 tna roflo VMBS 3は、手動、バルク、または生産ラインへの連結など、さまざまな送り込み方法に対応している。最終製品は、tna rofloの振動式コンベヤー、水平コンベヤー、ベルトコンベヤーをはじめとしたさまざまな搬送システムに送り込むことができる。

日本印刷産業連合会の検索サイト