2017 10 10 avaldata(株)アバールデータは、カメラ4台を同時に接続できるCoaXPressインターフェース(I/F)画像入力ボード「APX-3634」を開発、2017年10月10日より発売開始する。

 「APX-3634」は、CoaXPress Single/カメラ4台を同時に接続できるマルチカメラ画像入力ボード。2GByteのバッファメモリを搭載。システムバスPCI Express 2.0 (Gen2) 5.0GT/s×4により、高速な画像取り込みが可能。PoCXP機能を実装してカメラへの電源供給が可能。外部機器との連携、割り込みの生成でき、ストロボタイミングの出力に対応している。「APX-3634」は、CoaXPress Single/カメラ4台を同時に接続できるマルチカメラ画像入力ボード。2GByteのバッファメモリを搭載。システムバスPCI Express 2.0*(Gen2) 5.0GT/s ×4 により、高速な画像取り込みが可能。PoCXP機能を実装してカメラへの電源供給が可能。外部機器との連携、割り込みの生成でき、ストロボタイミングの出力に対応している。

製品名     :CoaXPressI/F対応画像入力ボード

型式名称    :APX-3634

受注開始    :2017年10月10日

出荷開始    :2017年10月10日

販売予定価格: 8,000(消費税別)

■ APX-3634の特長

 ●CoaXPress 規格「JIIA CXP-001-2013 CoaXPress Standard Version1.1」に準拠

 ●CPX-3(3.125Gbps)対応カメラを4台同時接続可能

 ●PCI Express 2.0 (Gen2) 5.0GT/s x4 により、高速な画像取り込みが可能

 ●PoCXP 機能を実装し、カメラに電源を供給可能

●外部I/O インターフェースを搭載、外部機器との連携や割り込みの生成が可能

 ●ストロボタイミング出力を搭載、外部照明装置に露光タイミングを通知可能

 ●2GByte の大容量バッファを実装

 ●RoHS 対応製品

■APX-3634の主な仕様

項目 仕様
型名 APX-3634
画像入力I/F CoaXPress Rev1.1
CXP-3 Single(3.125Gbit/s) ×4ch ※カメラ接続:非同期可
DIN 1.0/2.3 4個搭載(9mm間隔で配置)
画像入力データ 8,10,12bit モノクロ/RGB
カメラ電源出力

Power Over CoaXPress:+24V(13W) × 4

※ボード内部で+24V電圧生成

メモリ DDR3 SDRAM 2GByte
汎用I/O(パネル面) TTL入力(トリガ/ GPIN):8ch
RS422入力(トリガ/エンコーダ/ GPIN):4ch
TTL /オープンコレクタ出力(ストロボ/ GPOUT):6ch
Isolation入力(トリガ/ GPIN):6ch
Isolation出力(ストロボ/ GPOUT):6ch
汎用I/O(ボード上) TTL入力(トリガ/ GPIN):1ch
TTL /オープンコレクタ出力(ストロボ/ GPOUT):1ch
Isolation入力(トリガ/ GPIN):4ch
Isolation出力(ストロボ/ GPOUT):4ch
割り込み 画像入力開始、DMA終了、GPIN 等
システムbus PCI Express 2.0(Gen2) 5GT/s×4
電源 +12V 2A (MAX) (外部+12Vコネクタ有り)
環境 動作温度:0~50℃ 湿度:35%~85% (無結露)
外形(基板)寸法 167.65mm x 111.15mm (突起物含まず)
対応OS Windows
ソフトウェア(オプション) 開発キット:SDK-TransFlyer
ソフトウェア・サポート GEN<i>CAM

日本印刷産業連合会の検索サイト