SnapCrab NoName 2017 10 17 11 18 29 No 00 リンテック(株)印刷・情報材事業部門では、改ざん防止用ラベル素材の新アイテムとして、剥がした際に「VOID」の文字がラベル面にのみ浮き出て、貼られた対象物には文字が転着されない非転着タイプの製品を開発。標準規格品として10月20日から本格販売を開始する。
  リンテックでは、ラベルを剥がした際にその痕跡を残す改ざん防止用ラベル素材として、ベースとなるフィルムが容易に損壊してきれいに剥がせないタイプ、剥がした際に貼られた対象物に「VOID」や「開封済」の文字を転着させ、ラベル面にもその文字が浮き出るタイプ、あるいは剥がした跡がUV照射により発光するタイプなど、豊富なアイテムをラインアップしている。
 今回、開発したのは、独自の積層技術により、剥がすと文字が白く浮き出るという機能を付与(特許出願済み)。貼られた対象物の表面には残留物が残らない。高級感のある化粧品などの外箱や容器、あるいは食品パッケージの封かんに用いることで、開封後もパッケージをきれいな状態で保管したり再利用したりといったニーズや、食品の安全性への消費者ニーズにお応えすることができる。

日本印刷産業連合会の検索サイト