(株)リコーは、Tシャツなどの服飾品生地(ガーメント)に直接印刷するDTG(Direct to Garment)プリンターの戦略商品「RICOH Ri 100」を、2017 年 11 月 20 日に発売した。

 RICOH Ri 100は、リコーが40年以上に渡って取り組んできたインクジェット技術とオフィスプリンターの製品開発で培ってきた小型化技術や優れた操作性を融合して開発された。プリンター本体の小型化に加え、衣類に印刷したインクを熱で定着させる仕上げ機をプリンターと上下に重ねて設置できるコンパクト設計を実現したほか、新規カセット式ホルダーの採用による簡単操作を実現しており、手軽かつ安全に衣類への直接印刷ができる。これにより、店舗の店頭やイペント会場など、限られたスペースで、専用のオペレーターがいなくても、顧客の目の前で、世界で1つだけのオリジナル T シャツやトートバックなどを簡単に作成できる。 

 また、「RICOH Ri 100」の提供とあわせ、印刷を行うTシャツやトートバックの提供を行うほか、印刷用のコンテンツ(テンプレートや画像など)も提供し、顧客のビジネス参入をワンストップで支援する。

2017 11 20 ricoh

RICOH Ri 100 (オプションの仕上げ機「RICOH Rh 100」を装着したもの)

製品名  RICOH Ri 100 
標準価格(消費税別)  29万8千円 
発売日  2017年11月20日 
販売目標台数  2000台/年 

<新製品 RICOH Ri 100 の主な特徴> 

1.店舗の店頭やイペント会場など、限られたスペースでも設置できるコンパクト設計

・ プリンター本体の小型化に加え、仕上げ機をプリンターの下に重ねて設置できるコンパクト設計を実現した。従来は、インクを衣類に定着させるために、プリンターとは別に購入する定着機器のスペースが必要だったため、定着機を置くスペースが不要な分も含め、大幅な省スペースを実現する。 

・ これにより、店舗の店頭やイペント会場など、限られたスペースに設置が可能になり、これまでにない さまざまな活用が可能になる。 

2.専用オペレーターがいなくても活用できる簡単操作と安全性を実現

・  新開発のカセット式ホルだーの採用により、特別なスキルがなくても印刷から定着まで行える簡単操作を実現している。

・  熱を使う定着工程も仕上げ機にカセット式ホルだーをセットするだけなので、一般的な定着機を使用 する場合と比べ、より安全な操作を実現しており、子どもの目の前で作業することも可能。 

3.プリンター本体と仕上げ機をあわせても30万円台と、導入しやすい価格を実現

・ オフィス向けプリンターと部品の共通化を図ったことで、本体(標準価格 29万8千円)と仕上げ機の「RICOH Rh 100」(標準価格5万4千円)をあわせても30万円台という低価格を実現した。

4.インクを直接布地に定着させるため、高画質と滑らかな肌触りを両立した高品質な仕上がり

・ 布地に直接インクで印刷し、定着させるため、高画質と滑らかな肌触りを両立した高品質な仕上がりになる。

5.プリンター本体ではなく、T シャツや印刷コンテンツまでをワンストップで提供

・ 新たにビジネスに参入・展開しやすいように、プリンター本体だけではなく、印刷するTシャツやトートバック、印刷用のテンプレートなどのコンテンツを提供。新規参入の障壁を下げることで新たなプリント文化の広がりに貢献する。

日本印刷産業連合会の検索サイト