SnapCrab NoName 2017 11 22 8 6 24 No 00 R  リンテック(株)印刷・情報材事業部門では、油が付着した対象物にもしっかり貼付できる油面用ラベル素材を全国展開しているが、このたびその用途をさらに広げる新アイテムとして、透明タイプを追加ラインアップした。
 一般的に商品などにラベルを貼る際には、まず対象物の表面をきれいにする必要がある。しかし同社が2015年に発売した油面用ラベル素材は、油の付着した貼付対象物に直接貼っても粘着剤層が表面の油を吸い取って、しっかりと貼付可能。例えば、防錆油を使う金属加工メーカーで加工する金属部品などに管理ラベルを貼付する際、1つ1つ油を除去する作業が不要になるなど、生産現場において好評を博している。
SnapCrab NoName 2017 11 22 8 6 37 No 00 R
 これまでバーコード印字などに適した白色タイプの2アイテム「OT5040」「OT8060」を展開してきたが、今回ラインアップした「OT5050」は、貼付対象物の色や質感を生かす透明タイプ。化粧品や調理用オイルなどのボトルデザインに合ったブランドラベルにも最適。生産工程の中で、微量な油が容器に付着した際にもしっかりと貼付可能。表面基材には、リンテックが採用拡大を推進している、回収ペットボトルからつくられた再生PET樹脂使用率80%以上の環境配慮型フィルムを使用している。
<OT5050のスペック>
 表面基材:ポリエステルフィルム(透明) 50µm(再生PET樹脂使用)
 粘着剤:特殊アクリル系粘着剤
 剥離紙:片面ポリラミグラシン紙(青)
<従来タイプ>
 ◎OT5040
 表面基材:発泡ポリエステルフィルム(白) 50µm
 粘着剤:特殊アクリル系粘着剤
 剥離紙:グラシン紙(青)
◎OT8060
 表面基材:ポリプロピレン系合成紙(白) 80µm
 粘着剤:特殊アクリル系粘着剤
 剥離紙:グラシン紙(青)

 主な用途は、化粧品・食品のブランドラベル(透明タイプ)、鋼板、金属部品の表示・管理ラベル(白色タイプ)など。

日本印刷産業連合会の検索サイト