2017 12 19 mimaki (株)ミマキエンジニアリングは、2014年に販売を開始したソルベントインク搭載「JV300-130/160」の新しいラインナップとして、1950mm 幅のメディアまでセットできる 「JV300-190」を2017年12月から販売する。

 JV300-130/160は、2014 年6月の販売開始からサイングラフィック市場で使われている。JV300-190はテント用のターポリンや工事用の養生幕をはじめとした1900幅メディアへのプリントを可能にするために、セット可能なメディア幅を1950mmに拡張した。また、新規設計の巻取りを2基搭載することで、重量のあるメディアの巻取りを可能にする。

 同社が培った技術を集めた画質の美しさと、2基をスタガ配列したプリントヘッドと、乾燥性の良いSS21インクを搭載することで、34.3 m/h(1)のプリント速度を実現、さらに、特許を取得している『3Way インテリジェントヒーター』をはじめとする画質コントロール技術を盛り込み、突き抜ける速さと、息をのむ美しさを両立。インクセットは C,M,Y,K,Lc,Lmの6色で、オレンジ、ライトブラックの2色が搭載可能。オレンジでは幅広い色域による色表現、ライトブラックでは美しいグラデーション、それぞれの特長を活かした高付加価値プリントを提供する。

1 : 540×720dpi、4Passでプリントした場合 

概 要

1,900mm幅メディアへのプリントが可能

 ・最大作図幅を1940mmに拡張

重量メディアの安定搬送

 ・搭載可能なロール重量を40kgから50kgに拡張

 ・小巻取りを2基搭載する事で安定した重量メディアの搬送を実現

高付加価値を実現するソルベントインク

 ・『SS21』インクでオレンジ、ライトブラックを搭載可能

『息をのむ美しさ』を実現する画質コントロール技術

 ・『MAPS3』、ミマキ特許『3Way インテリジェントヒーター』

「仕事を止めない」連続運転ソリューション

 ・自動ノズル抜け検出、ノズルリカバリー、イベントメール機能を搭載 

販売価格 JV300-190 315 万円(税別)

販売開始 2017年12月

販売目標 50台/年(日本のみ)

日本印刷産業連合会の検索サイト

【西日本を中心とした大雨の影響による配送遅延のお知らせ】
西日本を中心とした大雨の影響により、物流が大幅に遅延しております。地域によっては、月刊「コンバーテック」7月号および単行本のお届けが大幅に遅れる可能性があります。

ヤマト運輸HP
西日本を中心とした大雨の影響による荷受けの停止とお届けの遅延についてはこちら