宇部エクシモ(株)は、ポリエチレン製緩衝用フィルム「ダンプレートソフト」を販売し、物流分野への拡販を目指す。

 宇部エクシモは低密度ポリエチレンを原料とする中空二重構造フィルムの保温被覆資材「サニーコート」を製造販売している。「サニーコート」は、中間に空気層を持った中空二重構造による保温性、また透明性にも優れていることから、主に農業用ハウスの内張り資材として使用、農業分野で好評を得ている。

 また一方で宇部エクシモは、「サニーコート」と同形状の中空二重構造で、ポリプロピレンを原料としたプラスチックダンボール「ダンプレート」を物流分野で展開しており、広く認知されている。そこで現在、農業用途向けに販売している「サニーコート」の製品名を「ダンプレートソフト」に改め、物流業界にアピール、販売拡大を図る。

 「ダンプレートソフト」は物流用途としては、特に緩衝保護材、袋、仕切材、カーテンなどに適している。ポリエチレン製であり柔軟で透明性が高く、内容物の確認が容易である。また二重構造を持つことで、気泡タイプの緩衝材に比べ、フィルムの生地が厚く、突き刺しに強く、破れにくいため、リターナブルが可能で、コスト削減に貢献できる。さらに適度な腰としなやかさを持つため、複雑な形状の部品でも、形状に沿った自由度の高い仕切りができ、収納効率がアップできる。

2018 02 08 ube exsymo「ダンプレートソフト」と使用例  

 「ダンプレートソフト」は、規格サイズは厚みが1.1mm、1.3mm、1.4mmの3種類(目付け(単位当たりの重量)はそれぞれ100、200、300g/m2、幅は925~1500mm、長さは75~100mの巻物)で、カット売りも対応可能である。今年度のダンプレートソフトの販売数量として30万m2を予定しており、来年度は2倍を目指す。

日本印刷産業連合会の検索サイト