東洋インキ(株)は、「広い紙幅適性」と「優れた耐摩擦性」を両立させることで印刷工程における“刷りやすさ”を追求した商業用オフセット輪転インキの新シリーズ「WEB DRY® レオエックス EZ(イーズィ)」シリーズを開発、3月末より販売を開始する。

 昨今、出版物、フリーペーパー、カタログやパンフレットなど、商業用オフセット輪転印刷の分野では、従来得意としてきた同一品種・大ロットの印刷に加え、小ロット・多品種への対応や、コート紙から低級紙まで幅広いグレードの印刷用紙への対応が求められている。こうしたニーズのもと、印刷現場ではインキ交換作業や汚れ対策など印刷品質維持のための作業に多くの工数を費やしており、生産性の向上が大きな課題となっている。

 このような印刷工程の課題解決に向けて、東洋インキはさまざまな用途に合わせた、3タイプで構成される商業用オフセット輪転インキの新製品「WEB DRY® レオエックス EZ(イーズィ)」シリーズを開発した。EZシリーズは、インキ交換をすることなく低級紙からコート紙までの幅広い用紙グレードに対応し、また、印刷用途に応じて耐摩擦性や低温乾燥性を付与させたタイプも用意されており、印刷現場の作業効率と生産性の向上に寄与する。

2018 03 01 toyoink1

2018 0301 toyoink2

日本印刷産業連合会の検索サイト