2018 03 05 mimaki (株)ミマキエンジニアリングは、201711月から販売を開始している UV 硬化インク搭載し、プリントとカットを1台で行えるインクジェットプリンタ『UCJV300-160』について、プリント最大幅 800mm1090mm1361mm 3 サイズを新たに開発し、それぞれ「UCJV300-75」「UCJV300-107」「UCJV300-130」 として 2018年7月より販売する。

 『UCJV300-160は、2017年11月の販売開始からサイングラフィック市場、多くのユーザーに採用されている。今回、UCJV300のラインナップに追加する『UCJV300-75』『UCJV300-107』『UCJV300-130』の3モデル は各市場で使いやすいサイズとなっている。

 特に、『UCJV300-75』『UCJV300-107』は POP、シール、ラベル、ステッカー市場に最適。UV 硬化インクの特性を活かし、 これまでソルベントインクではプリントが難しかった受理層が無い紙、PET フィルム、布といったメディアへのプリントを可能にすることで、POP、スイングPOP、ポスター、バナー、ステッカー等、販売促進資材のオンデマンドプリントを提案する。また、POP、シール、ラベル、ステッカーの作成で活躍する ID カット機能を搭載し、充実したプリント&カット機能は作業効率を向上できる。併せて、POP のデータを簡単に作成できる独自のソフトウエアを開発中。専門的な知識が必要なデザインソフトを使用せずに短時間で簡単に POP を作成できる。環境についてもヒーターレスにすることで省電力化が可能。 搭載インクの『LUS-170』は世界で最も厳しい化学物質拡散の規格に基づき、学校や医療機関などにも適した製品であると 保証される『GREENGUARD Gold 認証』を取得しており、プリント後の環境面に配慮したインク。

 『UCJV300 Series』は UV 硬化インクの特性と、独自のプリント、カット、ソフトウエア技術によって、幅広い仕事を短時間で効率的に行えるソリューションと、環境へ配慮したプリントを提案する。

UCJV300-75

 800mm 幅までプリント。設置スペースを抑え、POP、シール、ラベル、ステッカー用途において幅広い提案力と高機能 なプリント&カットを提案。

UCJV300-107

1090mm 幅までプリント。商業印刷市場に対して B0 サイズのポスターまで プリントが可能なサイズと幅広い素材のメディアへの対応力を提案。

UCJV300-130

1361mm 幅までプリント。日本国内の看板市場に対し乾燥時間が不要な即加工による製作時間の短縮を提案。

特長

1. UV インクが広げるアプリケーション

2. 環境を考えたエコプリンティング

3. UV 特性を活かしたオンデマンドプリント

4. 充実のカット機能を搭載。新 ID カット機能で仕事効率 UP

5. パワーアップした RIP ソフトウエア「RasterLink6Plus

販売価格 UCJV300-75 218万円(税別)

      UCJV300-107 238万円(税別)

      UCJV300-130 268万円(税別)

販売開始 20187

販売目標 2000/年間(全世界でのUCJV300Series合計)

日本印刷産業連合会の検索サイト