京セラインダストリアルツールズ(株)は、本体から電源コードの「取り付け/取り外し」ができる、業界初※1のコード脱着式ディスクグラインダーの新製品7モデルを、3月下旬より発売する。
 金属加工の現場では、作業工程に合わせて複数台のディスクグラインダーを使い分けることが多く、従来、電源コードが脱着できないことから、電源の準備や電源コードの絡まり等により、次工程への移行に時間を要していた。また、足元の配線が複雑になり、つまずきや転倒などによる怪我のリスクもあった。このたび投入する新製品は、コード脱着式により、一本の電源コードを複数台で利用できる仕様とすることで、製品の取り替え作業を容易にし、シンプルな配線とすることで、作業効率のアップや怪我のリスク低減など、お客様の最適な作業現場の環境づくりに貢献する。
※1 2018年2月末現在。京セラインダストリアルツールズ調べ
 「コード脱着式ディスクグラインダー」導入のメリットは次の通り。
(1)作業負担が軽減、作業効率の改善
 金属加工の現場では、研磨の工程に合わせて、異なる粒度砥石を取りつけた複数台のディスクグラインダーを準備し、使い分けながら作業を行う。
従来の現場(改善前)
・複数台を使い分ける場合、電源の切り替えに時間がかかる。
・電源コード同士の絡まりによる作業遅延が発生。
新製品導入後の現場(改善後)
・取り替え作業が、電源コードの脱着のみとなり、次の工程へスムーズに移行。作業効率アップ。
・一本の電源コードを共有で使用するため、コードの絡まりによる作業遅延の発生を抑制。
・収納する際に、製品の出し入れの手間を軽減。
(2)怪我のリスクを軽減、安全性向上
 加工作業において、複数台のディスクグラインダーは、作業効率の理由から、収納棚等ではなく、足元に置いて作業することが多くなっている。
従来の現場(改善前)
・足元に複数台の電源コードの束があるため、足元のスペースが狭くなる。
・電源コードが乱雑になりがちで、つまずきや転倒など、怪我のリスクがある。
新製品導入後の現場(改善後)
・電源コードが一本になるため、足元が整理される。
・つまずきや転倒など、怪我のリスクを軽減し、最適な作業現場の環境づくりに貢献。
取り替え作業は電源コードの脱着のみ
 金属加工の現場を考慮した製品特長は次の通り。
(1)52mmと56mmから選べる握り径(太さ)
 ディスクグラインダーは、作業者の好みに合わせて52mmと56mmの握り径の中から最適な製品を選択可能で、長時間作業の負担を軽減する。52mmは、業界で最も細い※2タイプの製品。
※2 2018年2月末現在。京セラインダストリアルツールズ調べ。
(2)ギヤヘッドの高さを低くすることで、狭所部の研磨に対応
 ギヤヘッドの高さを、従来品より低い56mmに設計することで、今まで研磨できなかった狭所部にも対応。また、ギヤヘッドの幅は、しっかりと握ることができるコンパクトなサイズにすることで、操作性の向上を図った。
(3)格子目メッシュフィルターによる耐久性の確保
 故障の原因となる製品内部への粉じんの侵入に対して、ベアリング部にラビリンス構造※3を採用。さらにモーター部の0.161㎜の格子目メッシュフィルターにより、冷却風のみを取り入れ、粉じんの侵入を防ぐ。これらによって、故障のリスクを軽減する。
※3 回転物と固定部の間に凹凸を設け、粉じんの侵入を防ぐ構造。
SnapCrab NoName 2018 3 8 14 45 32 No 00 R
SnapCrab NoName 2018 3 8 14 45 3 No 00 R

日本印刷産業連合会の検索サイト