2018 03 13 linx  (株)リンクスは、2018年3月より、ソニー社製PregiusシリーズのIMX287センサーとIMX273センサーを搭載したカメラ「Basler aceU」の取り扱いを開始する。

 IMX273センサーは、3.45µmという小さなピクセルサイズで、Pregiusシリーズ第2世代センサー(IMX250、IMX304など)と同等の優れた画質、速度、ノイズ性能を実現している。また、IMX287センサーのピクセルサイズはその倍の6.9µmとなっており、同じ感度とノイズ性能を持ちながら、飽和容量とダイナミックレンジが向上している。

 今回の新機種では最短露光時間1μsecの超短時間露光機能が搭載されており、印刷物の高速撮影などに特に適している。感度についても近赤外線に対応しているため、エレクトロルミネッセンス検査、交通関連用途、セキュリティ用途など、それほど高い近赤外線感度が求められない場合に、高価格な近赤外線専用センサーの代わりに使用することができる。すでに、CCDセンサーとしてICX618を使用している顧客にとっては、CMOSセンサーへの置き換え機種として、IMX287がピクセルサイズと解像度が極めて近いことから、周辺機器の改造を最小限に抑えられるために最適。また、IMX287は低価格にもかかわらず、センサー性能が大幅に改善しており、画像処理工程の全体的な改善が期待でできる。従来からのPGI機能に加えて新たにモノクロカメラ用PGI、関心領域の複数選択が可能なスタック型ROIを搭載しており、旧型の低解像度CCDセンサーやアナログカメラからのアップグレードにも最適。

 ace Uの新モデルは、定評のあるGigEインターフェースとUSB 3.0インターフェースに準拠しているほか、GigE対応モデルでは、PTPなどGigE Vision 2.0の便利な機能を使用できる。さらに、Baslerのpylon Camera Software Suiteを使用すれば、カメラを簡単かつスムーズにセットアップすることが可能。

 リンクスは既に日本においてBasler社の製品を、工場設備、医療機器、交通・輸送機器などをはじめとする産業用カメラ市場に数多く導入しており、今回の新製品により、従来のCCDセンサーからCMOSセンサーへの切り替えを促進すると共に、アナログカメラからのアップグレードを推進し、VGAクラスを中心とした低画素市場においてトップシェアを目指していく。

日本印刷産業連合会の検索サイト