(株)ミマキエンジニアリングは、平米当たりの単価が小巻ロールと比較して約2/3(※1)のジャンボロール昇華転写紙『Mimaki Vision Jet-X』を1620mm幅と1830mm幅の2ラインナップで2018年5月から販売開始する。

 テキスタイル市場における短納期での大量生産需要拡大に伴い、インクジェットプリンタでの生産も高速化が求められている。また、プリンタ本体も大型化が進み、長時間プリントが継続できる長尺転写紙が必要になっている。8300m巻以上のジャンボロール転写紙である『Mimaki Vision Jet-X』は、坪量57g/m2の薄口転写紙だが、インク使用量の多いスポーツウエア、バナー・フラッグから、インク使用量の少ないファッション、ホームテキスタイルまで幅広い生地への昇華転写を可能にする。さらに、幅の縮みや蛇行がなく、安定した搬送とプリントを可能になる。
 『Mimaki Vision Jet-X』は、Tiger-1800B およびTiger-1800B MkIIの昇華転写モデル(※2)で使用できる。

※1:同社調べ(日本国内の価格を参考)

※2:ジャンボロールユニット(オプション)を使用した場合

2018 05 15 mimaki4

販売価格

Mimaki Vision Jet-X -162(8630-JA-H)890,000 円(税別)(3)

Mimaki Vision Jet-X -183(8630-JA-H)1020000 円(税別)(3) 

3:巻数によって価格が変動する。表記は8630m巻の場合

販売開始2018年5月 

FESPA Global Print Expo 2018

Mimaki Vision Jet-X FESPA Global Print Expo 2018 へ出品する。 

【会期】2018年5月15日(火)~5月18日(金) 

【開催地】 ドイツ ベルリン

【会場】Messe Berlin(Berlin Expo Center City)

日本印刷産業連合会の検索サイト