SnapCrab NoName 2018 5 30 10 47 54 No 00 R リンテック(株)洋紙事業部門は、特徴的な風合いを持つファンシーペーパーをアレンジした和のテイストの新色として、抹茶色の各種アイテムをラインアップ。紙の表情がそれぞれ異なる計5アイテムを「日本の和 抹茶色シリーズ」として、6月1日から発売する。印刷・加工適性を兼ね備えており、各種パッケージや包装紙などの幅広い用途に使える。
 リンテックは独自の抄紙技術を生かして、カラー封筒用紙やファンシーペーパー、高級印刷用紙などの多彩な特殊紙製品を展開している。近年の訪日外国人旅行者の増加なども受け、"抹茶"を使った商品が多く発売されていることから今回、印刷では再現できない紙独特の質感で、落ち着いた和の雰囲気を演出する抹茶色のアイテムを新たにラインアップすることにした。なお、同シリーズはFSC®森林認証を取得している。
 次の5種類を発売する。
(1)「しこくてんれいCoC抹茶」
 特殊繊維を混抄することで上品な風合い、肌合いを実現した高級和風洋紙。表面強度が高く、オフセット印刷が可能。
(2)「ニューうんりゅうCoC抹茶」
 和紙のような雲竜模様をあしらった高級和風洋紙。「しこくてんれい CoC抹茶」と同様、オフセット印刷が可能。
(3)「スノーペトルCoC抹茶」
 お茶に浮かぶ毛茸(お茶の産毛)のような優しい模様を特殊な製法で再現。滑らかで落ち着いた風合いを実現。
(4)「コニーラップCoC抹茶」
 プレーンで幅広い印刷ニーズに対応。和紙のような肌合いが特徴で、加工適性や強度も兼ね備えている。
(5)「グッピーラップCoC抹茶」
 大理石調のナチュラルな模様が特徴。モダンな風合いが高級感を演出する。印刷・加工適性も有している。
※ これらの製品は抹茶を混抄した紙ではない
※ FSC(Forest Stewardship Council®:森林管理協議会)森林認証は、適切に管理された森林や、その森林から得た木材パルプなどの適切な加工・流通を証明する国際的な認証制度
SnapCrab NoName 2018 5 30 10 37 59 No 00 R 用途は、各種パッケージ、包装紙、お菓子などの小袋、封筒、貼り箱、メニュー、ラベル表面基材ほか。ただし、食品に直接触れる用途では使用できない。
 当初販売目標は5アイテムで年間100トン。

日本印刷産業連合会の検索サイト