SnapCrab NoName 2018 6 4 7 21 39 No 00 R 日本ハネウェル(株は、複合ガス検知器マイクロクリップシリーズが第三者認証機関である(公社)産業安全技術協会よりTIIS規格(本質安全防爆)を取得したことを明かにした。
 石油精製、化学合成プラントなどでは、可燃性ガスや可燃性液体の蒸気が空気と混合した状態で、電気火花や高温度の物体などの点火源に触れることで、爆発や火災が起きる可能性があり、ガスの状況を安全
に監視することが求められている。また、そのような危険な場所では、使用する計測機器にも爆発を防止する構造が求められるため、4種類(酸素・一酸化炭素・硫化水素・可燃性ガス)のガスを監視できるマイクロクリップシリーズを、今回、日本国内の本質安全防爆規格に対応させた。
 世界で最も人気があり、海外の防爆規格は取得していたガス検知器マイクロクリップシリーズは、防水機能で業界初めてのIP68に対応する複合ガス検知器であると共に、警報により酸欠・中毒による人身事故などの防止を行うなど、あらゆる苛酷な環境下においても作業者の安全を確保する。
<マイクロクリップの特長>
・水素、アセチレン、その他の可燃性ガスのLEL検知
・-20℃までの環境温度で、最短12時間の稼働保証
・着用時重みで推し下がることがない人間工学に基づく設計
・リアルタイムにガス濃度を液晶画面に表示
・標準でデータログ機能とイベントログ機能を搭載(データ出力はオプション品が必要)
・取得しているIP68等級は、塵埃と水に対して最大の保護を確保。防水は深さ1.2mで45分まで
・ワンボタン操作、直感的な液晶画面アイコンにより、使い勝手が良く、ヒューマンエラーを防ぐ操作性
・船舶のABS認証取得品
・自主校正可能(オプションで校正ガスおよびレギュレーターが必要)
<マイクロクリップX3の特長>
・5年の想定寿命設計、メーカー保証は3年間保証
・5年間一貫して作動する全く新しい酸素センサー。検知器の寿命の間でのセンサー交換経費が不要
・最小限のメンテナンスと最大限の利用可能時間によって、優れたコストパフォーマンスを発揮
 希望小売価格はマイクロクリップXLが71,400円、マイクロクリップX3が81,000円。
 

日本印刷産業連合会の検索サイト

【西日本を中心とした大雨の影響による配送遅延のお知らせ】
西日本を中心とした大雨の影響により、物流が大幅に遅延しております。地域によっては、月刊「コンバーテック」7月号および単行本のお届けが大幅に遅れる可能性があります。

ヤマト運輸HP
西日本を中心とした大雨の影響による荷受けの停止とお届けの遅延についてはこちら