コニカミノルタ(株)は、出力速度の向上、調整の自動化、用紙対応力を強化したデジタル印刷システム「AccurioPress (アキュリオ プレス)C3080」と「AccurioPress C3080P」「AccurioPress C3070」(3機種合わせて、以下「AccurioPress C3080シリーズ」)を2018年6月14日に発売する。

2018 06 05 konicaminolta 「AccurioPress C3080シリーズ」は、高い画質および生産性と多彩な用紙への対応力で評価を得ている「AccurioPress C2070シリーズ」の後継機種となる。

【「AccurioPress C3080シリーズ」が提供する価値】

1.定評ある高画質はそのままに出力速度アップで短納期化を支援

 「AccurioPress C3080/C3080P」は、従来機種の定評ある高画質はそのままで、出力速度がA4サイズで毎分81ページ(14%増)、A3サイズで毎分45ページ(18%増)へとアップした。さらに、厚紙対応力も向上させ、紙厚216g/m2まで速度を落とすことなく印刷できる。

  また、給紙オプションの組み合わせによる最大15,390枚の大容量給紙により、大量印刷にも対応している。

2.出力調整の自動化により稼働率向上と印刷物の高品質化を両立

 昨年夏の「AccurioPress C6100シリーズ」への初搭載以来、高い評価を獲得している「インテリジェントクオリティーオプティマイザー」のオプション接続が、「AccurioPress C3080シリーズ」でも可能。

 「インテリジェントクオリティーオプティマイザー」は、濃度管理、色調管理、表裏見当調整を自動化し、今までのようなマニュアル測定や数値入力を不要にする。これにより、煩雑な出力調整作業をすることなく高品質な印刷が実現し、調整時間の短縮と、オペレーターの技能差による調整時間のばらつき解消ができるため、印刷稼働率の大幅な向上と印刷物の高品質化の両立に貢献する。

日本印刷産業連合会の検索サイト

【西日本を中心とした大雨の影響による配送遅延のお知らせ】
西日本を中心とした大雨の影響により、物流が大幅に遅延しております。地域によっては、月刊「コンバーテック」7月号および単行本のお届けが大幅に遅れる可能性があります。

ヤマト運輸HP
西日本を中心とした大雨の影響による荷受けの停止とお届けの遅延についてはこちら