Raspberry Pi(ラズベリーパイ)の国内総代理店であるアールエスコンポーネンツ(株)は、特定無線設備の技術基準に適合した「Raspberry Pi 3 Model B+」の販売を6月27日から開始した。
SnapCrab NoName 2018 6 27 10 23 47 No 00 R 「Raspberry Pi 3 Model B+」(RS品番:137-3331)は、ラズパイシリーズの普及モデルRaspberry Pi 3 Model Bの後継。基本性能の向上に加え、SDカードが不要なネットワークブートや、イーサネットケーブルで電源供給できるPoE(Power over Ethernet)に対応。SDカードに起因するトラブルを回避でき、コンセントのない環境への設置や、OSの一元管理が可能になり、業務用IoTモジュールや教育機関におけるシンクライアント運用の簡素化・効率化も実現する。
 プロセッサは、放熱性能が改善されたBroadcom製BCM2837B0を搭載し、CPUクロックは、1.4GHzで旧モデルより10%以上アップしている。BCM2837B0は、64-bit ARM v8 命令セット対応ARM Cortex-A53プロセッサコアクラスタ実装のクアッドコアプロセッサで、マルチメディア機能は、旧モデルと同じH.264、MPEG-4 decode (1080p30)、H.264 encode(1080p30)、OpenGL ES 1.1、2.0 graphics対応。また、LPDDR2 SDRAM メモリ1GB、および、Cypress Semiconductor製の最新の無線チップを搭載し、有線LAN通信速度は最大300Mbpsに強化。
 2.4GHz/5.0GHz デュアルバンドWi-Fi IEEE802.11acや低消費電力通信モードBLE (Bluetooth Low Energy) のBluetooth 4.2が利用できるようになっている。
 従来通りの基板のフォームファクタ(85 x 56mm)に、40ピンのGPIO (General Purpose Input Output) 、4つのUSB2.0ポート、HDMI、MIPI DSI、CSI ディスプレイ、カメラポート、ステレオ出力、ビデオポートを実装し、既存の周辺機器やケースを利用できる。
 Raspberry Piは、教育用途向けに普及してきたが、昨今、IoTセンサモジュール、製造ライン監視、デジタルサイネージなど、業務用途の利用がグローバルで拡大している。
 Raspberry Pi 3 Model B+ は、現在英国で生産されており、アールエスコンポーネンツを通じて世界中で販売される。今後は、RS国内モデルの販売も予定されている。
Raspberry Pi 3 Model B+ の購入情報
 Raspberry Pi 3 Model B+(150個Bulk品) RS品番: 137-3332 638,315円(税抜)

日本印刷産業連合会の検索サイト

【西日本を中心とした大雨の影響による配送遅延のお知らせ】
西日本を中心とした大雨の影響により、物流が大幅に遅延しております。地域によっては、月刊「コンバーテック」7月号および単行本のお届けが大幅に遅れる可能性があります。

ヤマト運輸HP
西日本を中心とした大雨の影響による荷受けの停止とお届けの遅延についてはこちら