エイピーピー・ジャパン(株)は、従来扱ってきた産業用紙製品の一部を2018年9月入庫分より順次PEFC認証製品に切り替える。これにより、情報用紙、印刷用紙、産業用紙の3つの分野でPEFC認証製品を届けるようになる。
 PEFCとは、「環境と森林を保護しつつ、同時に産業を繁栄させること」を目的に発足した世界最大の森林認証システムであり、「森林管理 (SFM: Sustainable Forest Management)認証」と「加工・流通過程管理(CoC:Chain of Custody)認証」という2つの第三者認証プロセスを通じ、製品の持続可能性を担保するもの。
 「森林管理認証」は、認証林がPEFCの持続可能性基準に沿って適切に管理されていることを検証する。一方の「CoC認証」は、森林から最終製品まで認証材の足跡を辿ることで、最終製品に使用された木材が持続可能な森林管理が行われているPEFC認証林に由来する木材であることを保証する。
 インドネシアと中国に本拠を置くAPPグループは、インドネシアと中国で広大な植林地を管理しており、その約90%がPEFCの「森林管理認証」を取得している(2017年末時点)。
 APPジャパンは2009年3月にPEFC-CoC認証を取得。大手事務用品通信販売企業のプライベートブランドとして、インドネシア製PEFC認証コピー用紙の販売を2016年3月下旬より開始したほか、2017年12月から自社ブランドのコピー用紙を順次PEFC認証製品に切り替えてきた。また、中国製の印刷用紙分野でもPEFC認証製品を取り扱っている。
 現在、世界の最重要課題の1つである地球温暖化対策として、その原因である温室効果ガスを吸収する森林の保護は不可欠となっている。木材を原料とする紙製品にとっても、「責任ある調達」を行い、適切に管理された持続可能な森林を資源として製品をつくることが重要となる。APPグループは認証製品の提供を通じ、今後日本でもますます求められる「責任ある調達」を推進していく。
 対象商品は次の通り。
◎高級白板紙:NBスターアートボードプラス
◎特殊白板紙:NB-Fold、Allyking Cream、Natural Deli、Natural Hearty

日本印刷産業連合会の検索サイト