2018 09 25 aval (株)アバールデータは、2機種のローコスト版CoaXPressインターフェース(I/F)画像入力ボード「APX-3664S4」と「APX-3662V2」を9月25日から発売する。

「APX-3664S4」は、CoaXPress(CXP-6) Singleカメラ4台を接続できる。また、「APX-3662V2」は、CoaXPress(CXP-6) Dualカメラ1台またはSingleカメラ2台を接続可能。それぞれのボードは、オンボード上にFIFOメモリやWorkメモリとして使用可能なDDR3 SO-DIMMを装着している。システムバスは「APX-3664S4」がPCI Express 3.0(Gen3)×8レーン対応。「APX-3662V2」はPCI Express 2.0(Gen2)×4レーン対応。

 CoaXPressI/Fは同軸ケーブルを使用する産業用カメラインターフェース規格。大容量の画像データを長距離で高速転送できる。対応カメラも多数販売され導入も進んでいる。アバールデータでは規格公開最初期から様々なタイプのCoaXPressI/F対応ボード製品を提供している。

 

製品名:CoaXPressI/F対応画像入力ボード

型式名称    :APX-3662V2

受注開始    :2018年9月25日

出荷開始    :2018年9月25日

販売予定価格:         8,000(消費税別)

 

製品名:CoaXPressI/F対応画像入力ボード

型式名称    :APX-3664S4

受注開始    :2018年9月25日

出荷開始    :2018年9月25日

販売予定価格:         8,000(消費税別)

日本印刷産業連合会の検索サイト