東芝機械(株)工作機械営業部(TEL.03-3509-0335)は、このほど、航空機や建設機械部品などの難削材旋削加工向けに、ターニングセンタTMDシリーズのマイナーチェンジ機を開発した。
SnapCrab NoName 2018 10 17 15 0 44 No 00 R
 主な特長は次の通り。
(1)送り案内に摺動面を採用し、従来以上に難削材の高効率加工を実現
 好評の高剛性ターニングセンタTMDシリーズに摺動面送りに対応した仕様をラインナップに追加し、難削材を従来機比1.2倍の高効率で加工することが可能になった。
(2)難削材の高速加工にむけた高圧クーラントに対応
 20MPaの超高圧クーラントに対応し、インコネル、ワスパロイなどの難削材加工の生産性向上に貢献する。
(3)安全に配慮したフルカバー仕様を追加
 旋削加工で発生する切粉やクーラントの飛散を防ぎ、インターロックを装備するフルカバーを準備(オプション対応)、安全に配慮した作業環境を実現。
 2018年11月1日(木)~6日(火)まで東京ビッグサイトで開催されるJIMTOF 2018に実機を参考出展する。

日本印刷産業連合会の検索サイト