20181126teraoka1 (株)寺岡精工(本社:東京都大田区/代表取締役社長 山本宏輔)は、発行ラベル全ての印字欠けを正確にチェックできる印字検証機能付きラベルプリンター「GP-7000α Verify」を11月下旬より全国で販売開始する。

 「GP-7000α Verify」は、ラベルプリンターの本体に印字検証用のイメージセンサーを内蔵したことで、業界で初めて【ラベル印字~全数印字チェック】を1台で正確に行うことができるようになった。これまで目視では難しかった全数印字チェックが自動で可能になるだけでなく、75~150mm/秒の印字速度でラベルを正確に高速検証できるため、作業の大幅な効率化に繋がる。また、ラベル印字に不可欠な項目(原材料、日付、ロット番号など)に印字ミスがある状態で出荷された際に発生する莫大な回収費用や時間の損失、および社会的な信頼の失墜なども未然に防ぐ。

 オペレーションにあたって、検証したい部分をフォーマット作成画面で事前に設定しておくと、設定範囲内で印字ミスが検出された場合、エラーを表示してラベル発行を自動停止する。

※オプションで全画像保存機能を付加すれば、検証画像の全数保存が可能

 販売価格は250万円(税別)~で、サイズは従来のラベルプリンター同様コンパクトなため、小スペースのバックヤード等にも設置できる。

20181126teraoka2

弁当ラベル 文字(年)欠け

 

【製品概要】

■製品名:GP-7000α Verify

■発売:2018年11月下旬

■販売地域:全国

■定価:250万円(税別)~

■外形寸法/自重:350mm(幅)×420mm(奥行)×465~610mm(高さ)/約17.8kg

 

【製品特徴】

●大型のカラータッチパネル画面

 15インチの大型カラー液晶タッチパネル画面に発行レイアウトを表示し、印字検証エリアをわかり易くピンク色に変えて表示(左の画面)。設定された判定基準を下回るとエラー内容を知らせる(右の画面)だけでなく、必要な場合はエラー印字画像を表示することもできる。

●全画像保存機能(オプション)

 ラベルの全画像保存機能を活用すれば、「OK」、「NG」に関わらず、検証画像の全部を保存することが可能。

日本印刷産業連合会の検索サイト