スリーエム ジャパン(株)は4月22日、上位グレード品と切れ味は同等で、価格は約半分に抑えた「3M(TM) 切断砥石 51782」を発売する。
SnapCrab NoName 2019 4 11 7 56 33 No 00 R 造船所、自動車製造から町工場まで、幅広い金属加工の現場で使用される切断砥石だが、どの現場でも共通して求められるのが「切れ味」。カットスピードや作業性への影響はもちろんのこと、切れ味が悪いとキレイな切り口が得られず手直し作業が発生したり、切断に余分な力が必要になり、作業者の疲労や思わぬ怪我につながるリスクがある。さらに、継承者不足による熟練工の減少や人手不足を背景に、生産性と安全性を左右する切断砥石への「切れ味の良さ」に対するニーズは年々高まっている。
 2015年に発売した「3M™ キュービトロン™ II 切断砥石」は、その切れ味の良さと、研磨寿命の長さから、切断砥石カテゴリーの売上を約6倍※にしたヒット製品。
 一方で、作業量があまりそこまで多くない現場からは、研磨寿命よりも価格を重視するという声も多く寄せられていた。新発売する「3M™ 切断砥石 51782」は、研磨寿命こそ「3M™ キュービトロン™ II 切断砥石」よりも短いものの、切れ味の良さは同等で、価格を約半分に抑えた製品。3Mは今回のラインアップ拡充により、研磨寿命を重視する顧客と、価格を重視する顧客のそれぞれのニーズに応える。
 「3M™ 切断砥石 51782」は主に工具商社やインターネット通販を通じて販売する。
※2015年と2018年のスリーエム ジャパンの切断砥石カテゴリーの売上を比較して