SnapCrab NoName 2019 4 18 13 56 9 No 00 R  キヤノンは、インクジェット(IJ)プリンターTRシリーズの新製品として、ビジネス用途でも家庭用途でも活用できる「TR703」を2019年4月25日より発売する。
 TR703は、デスクや棚などの限られたスペースに置くことができるコンパクトなIJプリンター。シンプルなプリント機能でイニシャルコストを抑えたいビジネスユーザーのニーズに応える。さらにスマートフォン(スマホ)からプリントできるアプリやクラウド印刷など多彩なプリント機能により、家庭用途でも活用できる。

ビジネス用途で活躍するコンパクトボディーと生産性の両立
 約372(幅)×365(奥行き)×158(高さ)mm※1のコンパクトボディーを実現。デスクや店舗のカウンター、バックヤードなど限られたスペースにも置くことができる。さらに、前面給紙カセットと背面給紙トレイの両方から給紙できる「2WAY給紙」を採用することで一度に最大350枚給紙でき、用紙を補充する手間を軽減する。自動両面印刷にも対応し、ビジネス用途に役立つ高い生産性を実現している。

家庭用途で活用できるスマホからのプリントニーズに対応
 スマホから印刷が楽しめる無料アプリ「Canon PRINT Inkjet/SELPHY」で、スマホやタブレット内の写真や文書、ウェブページ※2などをワイヤレスでプリントできる。さらに、スマホで写真の編集やプリントができる無料アプリ「Easy-PhotoPrint Editor」を使えば、簡単にカレンダーなどの作品制作ができる。
 インクは、文字に適した顔料インク1色(ブラック)と写真に適した染料インク4色(シアン/マゼンダ/イエロー/ブラック)の5色ハイブリッドインクを採用し、家庭での学習教材の印刷などを文書はくっきり、写真もきれいに印刷できる。
※1 トレイ/カセット収納時。トレイを全て展開した状態では、約372(幅)×628(奥行き)×322(高さ)mm
※2 ウェブページのスマホからの印刷はAndroidのみ対応。

IJプリンターの市場動向
 IJプリンターおよびIJ複合機の市場において、2018年の出荷台数は国内では約402万台、全世界では約5,977万台。2019年の出荷台数については国内では約372万台、全世界では約5,839万台と見込まれている※。
※出典:IDC, Worldwide Quarterly Hardcopy Peripherals Tracker, 2018Q4