2016 12 02 aval(株)アバールデータは、高性能GPUを搭載したCamera Linkインターフェース(I/F)カメラ対応画像入力ボード「APX-3323GPU」を開発、2016年12月5日から発売する。

 「APX-3323GPU」は、Camera Link I/Fカメラに対応した画像入力ボードに上にNVIDIA(エヌビディア)製GPU Jetson(ジェットソン) TX1を搭載した製品。高性能GPUによりCamera Link I/Fカメラから取得した画像データを高速かつパワフルな画像前処理を実現する。当社従来製品のFPGAによる前処理とは異なり、ソフトウェアによる開発を可能にすることで、開発期間の短縮が可能となり、Jetson TX1の搭載するARMにより、より複雑な画像処理も可能となる。ボードにはCamera Link Base/Medium/Full規格のカメラを1台接続できる。 外部トリガ、エンコーダ等の外部I/Oインターフェース回路を搭載し、周辺機器の連動した画像取込み処理に対応する。APX-3323GPUは様々な制御装置や画像処理装置のシステム構築を可能にする。

 同社は、PCI Express拡張用のボードとすることで、Windowsによる画像処理開発を可能とするほか、より高度な画像処理を搭載するためにJetsonTX1上でLinuxが使用できる開発環境も提供する。

製品名    :CameraLinkI/F対応画像入力ボード

型式名称   :APX-3323GPU-TX1

受注開始   :2016年12月5日

出荷開始   :2016年12月5日

販売予定価格:0,000(消費税別)

アバールデータ,高性能GPU,搭載,Camera Linkインターフェース,I/F,カメラ対応画像入力ボード,APX-3323GPU,開発,2016,125,発売,APX-3323GPU,Camera Link I/Fカメラ,対応,画像入力ボード,NVIDIA,エヌビディア,,GPU Jetson,ジェットソン,TX1,搭載,製品,

日本印刷産業連合会の検索サイト

お知らせ

 08月09コンバーテック8月号(本文32頁)掲載のウイル・コーポレーション/日本HPの記事で、タイトルに一部誤りがありました【訂正PDFはこちら】