2017 04 03 linx(株)リンクスは、4月3日から、画像処理に必要な様々な機能が網羅されているオール・イン・ワンの画像処理ツール「MERLIC(マーリック)」の最新版、「MERLIC3(マーリックスリー)」を販売する。

 「MERLIC」は、マシンビジョンのソフトウェアを開発する専門企業であるドイツのMVTec Software(エムヴイテック ソフトウェア)社が開発している画像処理ツール。プログラミングが一切不要で、簡単な操作だけで画像処理システムを構築することができる。今回販売を開始する最新版の「MERLIC3」では、ディープラーニングの導入により、OCR(Optical Character Recognition:光学文字認識)機能が強化され、多様なフォントをより簡単、かつ高精度に認識できるようになったほか、バーコードやQRコードの読取性能が大幅に向上し、歪みの強い画像にも対応できるようになった。また、処理時間がOCR で従来の1/3以下、位置決めで1/2 以下となり、画像処理が大幅に高速化される。さらに、高ノイズ画像での安定した位置決めが可能となる他、操作性が全般的に向上した。

 リンクスは、1997 年にMVTec Software 社と日本国内における総代理店契約を締結し、画像処理ライブラリ「HALCON」や「MERLIC」を日本国内の企業を対象に独占的に販売。「MERLIC」を導入することで、世界中の企業で幅広く利用されているHALCON の高度な画像処理機能を、簡単に活用できる。リンクスでは、半導体をはじめとする電気・電子部品、自動車、航空宇宙、金属加工、農業、物流、医療、印刷、小売等、画像処理が必要な様々な業界を対象に、「MERLIC」を販売していく。

【MERLIC3の製品概要】

■各種画像処理機能を追加:

・OCR:ディープラーニングの導入により、多様なフォントを簡単かつ高精度に認識

・コード認識:バーコード、QR コード読取性能が大幅に向上し、歪みの強い画像にも対応

・高速化:OCR で従来の1/3 以下、位置決めで1/2 以下と、処理時間が大幅に削減

・画像処理機能向上:高ノイズ画像での安定した位置決めが可能

■容易に使用できる「easyTouch(イージータッチ)」アプローチ:

・画像上の検査対象にマウスオーバーすると、適切なパラメータを自動設定し、即座に結果を確認することができる。この「easyTouch」コンセプトにより、直感的でインタラクティブに画像処理ロジックを組むことができる。

■ユーザーインターフェースを容易に開発:

・あらかじめ用意されたウィジェットをドラッグ&ドロップするだけで、ユーザーインターフェースを簡単に構築することができる。

■豊富なツールライブラリ:

・計測、位置決め、検査、文字やコードの読取など、産業用画像処理で必要な機能が直感的なタスク名でまとめられており、これらのツールを並べることで簡単に画像処理機能を構築することが可能。

日本印刷産業連合会の検索サイト

お知らせ

 08月09コンバーテック8月号(本文32頁)掲載のウイル・コーポレーション/日本HPの記事で、タイトルに一部誤りがありました【訂正PDFはこちら】