エプソンは、大判インクジェット(IJ)プリンター「SureColor」シリーズの新商品として、特色・広色域が求められる印刷業務でのデザイン・プルーフ工程や高画質ポスター作成に適した、バイオレットインク搭載モデル『SC-P5050V』とライトグレーインク搭載モデル『SC-P5050G』の2モデル※1を2017年4月17日より発売する。 

 新商品『SC-P5050』シリーズは、黒濃度を向上させた「UltraChrome HDXインク」を搭載したA2プラス対応モデル。『SC-P5050V』は、高画質で高い色再現性が求められるコーポレートカラーなどのプルーフ用途や、特色・広色域が求められるパッケージデザイン用途に、『SC-P5050G』は、高画質が求められるポスターをはじめ、階調性を重視する写真用途にも適したプリンター。 

20170407epson 5050G

SC-P5050G

 

20170407epson 5050V

SC-P5050V

 

 今回の新商品投入により、大判IJプリンター10色顔料インクモデルは、A2プラス、A1プラス、B0プラスサイズ対応プリンターすべてに「UltraChrome HDXインク」を搭載。印刷業務でのデザインからプルーフまでのワークフローを効率化。例えば、デザイン会社でのデザイン確認、サンプル作成にはA2プラス対応『SC-P5050』シリーズを使用し、製版会社での色調整確認やプルーフ出力にはB0プラス対応「SC-P9050」シリーズを使用することで、デザインから出力まで一貫した色再現が可能なため、色校正の回数を削減し工程短縮化を実現する。 

【新商品の主な特長】 

■色再現領域拡大と優れた保存性を実現する「UltraChrome HDXインク」 

「UltraChrome HDXインク」は、フォトブラックインクの顔料粒子量を従来機※2比約1.5倍※3に増量したことで黒濃度が向上し、カラー印刷時にはより立体的な表現が実現。 

 バイオレットインク搭載『SC-P5050V』『SC-P5050V』は、バイオレットインクの効果により、青、紫方向への色再現領域を拡大した。国際的な標準指定色であるPANTONE®カラーチャートにおいては、99%のカバー率を達成し、高度な色再現力を実現。 

<『SC-P5050V』モデルのインク構成> 

 20170407epson inkV

 ライトグレーインク搭載『SC-P5050G』 『SC-P5050G』は、モノクロ印刷時にブラック・グレー・ライトグレーの3つのブラック系統のインクにより、暗部の細かい階調の変化を忠実に再現。 

<『SC-P5050G』モデルのインク構成> 

20170407epson inkG

■耐光性を向上し、さらに長期間保存を実現 

 耐光性は従来機※2の約45年から約60年※3に向上し、優れた保存性により鮮やかなプリントを長期間維持することが可能。 

■安定稼働を実現するデザイン設計 

 今回本体の外装デザインを変更し、ノズル抜けの主要因となる埃の侵入を低減。さらにロール紙使用時では帯電率を低減することで埃の吸着を減少。業務を止めることなく安心して利用できる。 

■用紙交換の手間を軽減する4WAY給紙

 給紙方法は、従来機※2同様にカセット給紙、ロール紙、手差し(フロント・リア)の4WAY給紙を採用。ロール紙と単票紙の自動切り替えで、用紙交換の手間を軽減する。 

*用紙カセットには、普通紙(用紙厚0.1mm)で250枚セットできる。 

20170407epson 4

※1:商品購入後、バイオレットインク搭載モデルとライトグレーインク搭載モデルを変更することはできない。

※2:2011年4月発売の「PX-H6000」 

※3:セイコーエプソン(株)調べ 

【販売目標台数】 

 新商品での今後1年間の販売台数は、1,000台を予定。 

【価格・発売日】

 新商品の価格と発売日については、以下のとおり。

『SC-P5050V』:(仕様) バイオレットインク搭載モデル、(価格)298,000円

『SC-P5050G』:(仕様)ライトグレーインク搭載モデル、(価格)298,000円

 発売日はいずれも2017年4月17日

(注):「PANTONE®」はPantone LLCの米国及びその他の国における登録商標

日本印刷産業連合会の検索サイト

お知らせ

 08月09コンバーテック8月号(本文32頁)掲載のウイル・コーポレーション/日本HPの記事で、タイトルに一部誤りがありました【訂正PDFはこちら】