セミナー開催のご案内

粘着・剥離セミナー

 

<開 催 日>

東京会場

2018年4月20日(金)

北とぴあ 701 会議室 

講師:柴野 富四 氏

 

 

 「粘着」および「剥離」は、今や、あらゆる分野で活用されている技術と言っても過言ではない。今回のセミナー では、4 つのテーマを取り上げてみたい。

 『粘着・剥離分野のロングセラー製品から学ぶ』では、反射シート、セロハンテープ、紙粘着ラベル、炭素 繊維プリプレグ用剥離紙、積層セラミックコンデンサ用工程フィルム、半導体工程用ダイシングテープなどの 粘着・剥離分野におけるロングセラー製品について、それら成功の要因を探り、これからのモノづくりには何 が必要かを提示してみたい。

 『剥離紙概論』では、剥離紙の基礎から応用までを詳しく解説してみたい。

 『粘着・剥離製品における等価変換』では、一見違った様々な粘着・剥離製品の中に同じ構造を見出し、そ こから新製品開発の手法を考えてみたい。

 そして『3M、日東電工の技術を分析する。』では、粘着・剥離分野の世界的なリーディング・カンパニーで ある両社の技術を分析し、そこから我々は何を学ぶべきかについて考えてみたい。

 

<セミナー内容>

1. 粘着・剥離分野のロングセラー製品

 反射シート、セロハンテープ、紙粘着ラベル、炭素繊維プリプレグ用剥離紙、積層セラミックコンデンサ

用工程フィルム、半導体工程用ダイシングテープなど

 

2. 剥離紙概論

 種類と特徴/用途と要求される性能/製造方法と品質評価/シリコーン剥離剤は何故剥がれやすいのか/剥離剤と粘着剤<遠いようで意外と近い関係>/粘着・剥離の基礎研究、今後の課題

 

3. 粘着・剥離製品における等価変換

 球形の展開/多層化/相反する性質をあわせもつ話

 

4. 3M、日東電工の技術を分析する

 

質疑応答

 

 

プロフィール

 1967年国策化工鞄社 国策パルプ中央研究所に勤務、1990年まで剥離・粘着製品の研究開発に従事する。また、この間、東京理科大学に通学、卒論、修士論文でシリコーンの剥離性についての基礎研究を行う。
 1990年会社合併によりリンテック研究所に移り、剥離材料研究室長として引き続き剥離・粘着製品の研究開発に従事。
 1984年 米国Avery社で「シリコーンの剥離性」「非シリコーン剥離剤の研究開発」について講演
 1985年 新しい紙粘着テープ(重ね貼りができるクラフト粘着テープ)の開発で日本包装技術協会・木下賞
 1987年 同開発で池本発明功労賞。論文『剥離・粘着製品の開発』で二宮賞最優秀賞
 1995年 日本粘着テープ工業会発行『粘着ハンドブック』(第2版) 編集委員長

主な開発製品
 ・ 炭素繊維プリプレグ用工程紙(スポーツレジャー用・航空機用)
 ・積層セラミックコンデンサ用工程フィルム
 ・ 液晶ディスプレイ(偏光板粘着シート)用剥離フィルム
 ・非シリコーン剥離紙, シリコーンフリーラベル
 ・重ね貼りができるクラフト粘着テープ
 ・粘着メモ、再貼付可能ラベル
 ・合成皮革用工程紙
 ・シリコーン粘着テープ・ラベル
 ・ 再生可能リパルパブル剥離紙及び粘着テープ・ラベル

特許・実案出願 200件以上

2004〜 2014年 リンテック環境安全部勤務、2014年1月退社

 

■スケジュール

受付開始 9:30〜

講義時間 9:45〜11:45
       12:45〜14:30
       14:45〜16:45

■受講料(テキスト付き)

●「コンバーテック」定期購読者
  1名様 20,000円(税別)

●一般 1名様 30,000円(税別)

お申込みページに進む

企画・運営:(株)加工技術研究会