BASF(本社:ドイツ ルートヴィッヒスハーフェン)は、(株)ウォーターケム(本社:神奈川県南足柄市)との協業により、熱可塑性エラストマー向け酸化防止剤「Irganox® 565(イルガノックス® 565)」の日本(茨城県磯原)での製造を開始する。BASFの技術を活用した、年間600トンの生産能力を持つ製造工場において2018年4月から商業生産を開始する。ウォーターケム社は、BASF向けのカスタマースペシフィックブレンド(CSB:顧客の処方に合わせた添加剤ブレンド)をすでに製造している。
 アジア太平洋地域パフォーマンスケミカルズのシニアバイスプレジデントであるハーマン・アルトホフ氏は以下のように述べている。
 「Irganox® 565の上市にともない、BASFは生産能力を拡大することで増加する世界需要に対応し、スペシャルティプラスチック添加剤の事業を強化してきました。日本におけるIrganox® 565の生産は、日本市場のニーズに応えることを可能にするだけではなく、競争力の高いソリューションを世界中のお客様に提供する当社の物流や供給の効率性をさらに高めるものです」
 Irganox® 565は、熱可塑性エラストマーの劣化を防ぐ酸化防止剤。ゴム、接着剤、エラストマー製品の製造時に加工安定剤として使用されている。一般的な酸化防止剤と比べて、低濃度でも不飽和エラストマーにおけるゲル化や変色を防ぐことが可能。また、多くの国で、食品に接触する用途においても使用が認可されている。