第3回関西コンバーティングものづくり研究会 定例研究会


【開催日時】2016年10月21日(金)
講演会:13:00〜17:00/懇親会:17:30〜19:30

【場所】NLCクリスタグランドビル 4階大ホール

【お申し込み方法】事務局までお電話下さい。
【参加費】法人会員、個人会員、シニア会員は無料
一般参加の方、もしくは入会希望の方で聴講希望の方は事務局まで問い合わせてください。
(事務局:TEL.06-6390-1501)

テーマ講演は、「建築材料」です。
<プログラム>
12:30 開場
12:55 主催者あいさつ

13:00〜13:50
◎テーマ講演(1):日本ウインドウフィルム工業会の役割とウインドウフィルムの現状と将来

日本ウインドウ・フィルム工業会 事務局長 鳥養 崇 氏

講演要旨:日本ウインドウ・フィルム工業会がはたしている役割と、どのような活動を行っているか。また国内におけるウインドウフィルム(建築用、自動車用)の採用拡大の過程と、現状の動向、その将来性についてお話しします。

13:55〜14:35
◎テーマ講演(2):パンチングシートのガラス飛散防止性能試験および自走カプセル内視鏡の開発

株式会社ミュー 代表取締役 大塚 尚武 氏

講演要旨:ヒロクリエイティヴ社の自己粘着型パンチングシートフィルムをガラス面に貼り付け、JIS規格に準拠したガラス飛散防止性能試験のショットバック試験を行った。規定の高さから鋼球を落下した試験結果の概要を紹介し、同フィルムのガラス飛散防止効果について報告する。
またフィルムの医療機器への応用例の一つとして、小型磁石を内蔵したフィルム状ヒレを装着した自走カプセル内視鏡の開発状況についても紹介する。

14:40〜15:10
◎テーマ講演(3):漆喰粘着シート「ハルシックイ」について

日栄化工株式会社 准執行役員 技術品質保証部 部長 木村 剛久 氏

要旨:日栄化工(株)は関西ペイント株式会社様との共同開発により「ハルシックイ」を上市致しました。
自然素材の独特の風合いと質感に加え、健康や環境に貢献できる機能を備えた漆喰をコーティングした粘着シートです。
漆喰の機能は、消臭・VOC除去・ウイルス低減、抗菌・CO2吸収機能などがあります。また、特殊な粘着構造(マトリクス構造)になっているため、大きなサイズでもエアーが抜けやすく誰でも簡単に手で貼ることができます。

15:20〜16:00
◎基礎講座「高分子フィルムの基礎(3)」:フィルムの延伸工程での現象とフィルム製品との関わり

龍谷大学 Ryukoku Extension Center(REC) 顧問(元 東洋紡フィルム研究所所長/先端材料研究所所長、京都工芸繊維大学 大学院教授) 石原 英昭 氏

講演要旨:フィルムの延伸の主たる目的は必要な物性を付与することにある。そのためには、この延伸の過程で発生する現象や挙動をよく理解し、フィルムの性能や品位をよくする適正条件を選定しなければならない。本講演では代表的な現象や挙動を分り易く解説する。

16:05〜16:35
◎技術・会社紹介:電子線・X線照射でできること 〜高分子改質・滅菌〜

原子燃料工業株式会社 照射サービス部 小川 琢也 氏

講演要旨:弊社がご提供する電子線やX線の照射によってどのようなことができるのか、実績を交えてご紹介します。電子線やX線は「放射線」の一種であり、目には見えませんが、照射された物質との相互作用によって従来の化学反応と同じ処理(架橋、分解、グラフト重合による表面改質など)や殺菌・滅菌を短納期・安価で行うことができます。会員の皆様の製品に新たな付加価値を与える方法としてぜひご検討ください。

16:40〜17:10
◎専門講座:「中小企業に知ってほしい開発ツール 品質工学(タグチメソッド)」実施手順 解説(後半)

MOSHIMO研 代表 福井 郁磨 氏

講演要旨:品質工学(タグチメソッド)とは、製造条件が多少バラついても、市場での使用環境が多少変わっても、技術・製品が安定するように開発を行う手法を体系化もので、リソースが多くない中小企業に適した開発ツールです。
しかしながら、品質工学は難解で実践が難しい手法です。本講座では、数式や専門用語を極力使わず、身近な例を用いて品質工学を解説いたします。
第3回は、品質工学実施ステップの後半部を紹介していきます。

【懇親会】
17:30〜19:30 NLCクリスタグランドビル4階中ホール
お一人様:3,000円
※当日、受付にて現金でお支払いください。

※講演内容、順番等が変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。

<懇親会お申込みの方へ>
ケータリング業者への支払い金額が確定されてしまいますので、直前、または当日のキャンセルはお受けすることができませんので、当日欠席、またはキャンセされる場合は、早めに事務局まで事前にご連絡下さい。

<Information>
【2016年度、次回以降の定例研究会の日程】
------------------------------------
第4回定例研究会:2017年2月10日(金)
(※会場の都合により、上記日程に変更となりましたのでご注意ください)
------------------------------------